SNSで最新情報をチェック

うなぎ専門店のオープンが続く愛知県に、またひとつ注目店が誕生! 北名古屋市に開店した『中庄本店』は、創業90年超の老舗うなぎ卸問屋が経営母体。「うなぎ工場直営」だけあって、うなぎの美味しさも折り紙付き。愛知在住ライターによる渾身のレポートをお届けします。

画像ギャラリー

店内で立場(たてば)やうなぎの捌きが眺められる

愛知県ではここ2、3年、うなぎ店の新規オープンが相次いでいる。うなぎは食材のロスが少ない上、コロナ禍でもテイクアウトの需要があるので、居酒屋からの業態を変更するケースも多い。そんな中、ラスボス的な店がオープンした。

2021年10月、愛知県北名古屋市に開店したうなぎ専門店『中庄本店』がそれだ。

経営母体は、創業90年超の老舗うなぎ卸問屋『中庄商店』。ゆえに愛知県三河一色産を中心に厳選したうなぎがリーズナブルに楽しめる。

店の建物は『中庄商店』の本社オフィスの他、井戸水でうなぎの泥抜きをする「立場(たてば)」と呼ばれる施設などを併設。店内からは立場での作業やうなぎを捌くスタッフの姿を眺めることができる。

筆者は仕事柄、これまで数多くのうなぎ屋に足を運んだが、このスタイルは初めて。オープンすぎるオープンキッチンである(笑)。

「仕入れから保管施設、うなぎの捌きなどを敢えて見せることで『うなぎ工場』の直営店であることを知ってもらおうと思いまして」と、店長。

では、メニューを見てみよう。

こちらは、「うまき」。見ての通り、熱々のダシに浸してある。「明石焼(玉子焼)」をヒントにしたそうで、ほのかな甘みのある卵とフワフワに焼き上げたうなぎ、そしてダシの旨みが口の中でひとつになる。こりゃ旨い!

続いては「きも焼き」。まず、その大きさに驚いた。とにかくデカいのだ。それもそのはず。丼やひつまぶしに使用しているのは、すべて3Pサイズの大うなぎその肝が使われているのだ。

次のページ
丼一面を覆い尽くすうな丼のボリュームに驚...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...