SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

月刊誌『おとなの週末』8月号が発売されました。巻頭の特集は「絶対満足できるご褒美うなぎ」。7月23日と8月4日の「土用の丑の日」(2022年は2回)を控え、東京を中心に水戸、小田原、さいたま、名古屋、三重で大規模な調査を実施した充実の内容です。その中から、「東京のうなぎ・スタッフ覆面座談会」の模様を転載してお届けします。

ついに2ケタ突入!取材拒否の嵐に苦戦

できるだけこれまで紹介したことのないお店をお届けしたい! と、東京中うなぎ店を巡ったのは、ライター肥田木&池田、編集武内&戎の4名。約1ヶ月の間に、うな重の美味しさに歓喜すれば、取材拒否で悲嘆に暮れることもありました。そんな悲喜こもごもや、店選びに失敗しない自分好みの味に出合うための方法も語りました! 文/肥田木奈々

肥「今回のトップネタはやっぱり過去に例を見ないほど取材拒否が多かったこと。池田&戎チーム、おと週の歴史に残る話題を作ってくれてありがと(笑)」

池「いやぁ難航した。どこぞの関西の球団ではないが(笑)、開幕していきなり5連敗。ま、その辺までは冗談半分だったけどね。後はイケるでしょと思ってたのに次々墜ちるという泥沼街道まっしぐら。な、エビー」

戎「そう、僕らのチームだけで12軒も断られる新記録を樹立。関西出身の僕からしたら野球もうなぎも見事なつまずき具合で二重苦でしたよ(笑)。さらに門脇編集長と武内さんからは『交渉ベタ?』と呆れられる始末で、踏んだり蹴ったり。トホホ」

肥「私も2軒断られたから、両チームの数を合わせると今回は取材拒否だけで14軒かあ」

戎「なので調査軒数がどんどん増えて……週によっては昼も夜もうなぎという日が続き、僕は結局20軒以上食べました」

肥「うな重って連日だと脂と米の量がキツいよね。スカートのボタン外して帰った日も少なくない。で、食べた後は髪や体からほのか~に漂うタレの匂いが香水変わり(笑)。帰路で野良猫が2匹も私の後ろを付いてきたもんね。いやこれホント。久々にモテる気分を味わったわ」

武「僕は都内+水戸や小田原の旅ページも含めて延べ25軒は食べたことになるかなあ」

戎「ひゃあ、負けた(笑)」

武「いくらうなぎ好きとはいえ食べ過ぎではと思う今日この頃で。今の僕、体がうなぎの成分で構成されてます、きっと」

肥「なるほど。だから姿がウナギイヌならぬウナギグマに見えるんだね……ふむふむ」

池「あのお、そろそろ本題に入っていいですかあ(笑)。まあしかし、そんなこんなで辿り着いた今回の掲載店。結果的にはいい店揃いましたぜ。しかもそれぞれに個性がありまっせ!」

美味しいうなぎを提供するための大事な工程。「焼き」。お店によって個性が出るのだ

次のページ
「串は手元で1ミリ動いたら、先は1センチ...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...