SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

『おとなの週末』2022年8月号で、私は三重県津市のうなぎを食べ歩き、本当に美味しくてお値打ちに食べられる店を紹介させていただいた。どの店も歴史があり、観光客ではなくうなぎが大好きな地元の人々に支えられていることを実感した。

JR紀勢本線、近鉄名古屋線津駅前には津のうなぎをPRする巨大な看板が
JR紀勢本線、近鉄名古屋線津駅前には津のうなぎをPRする巨大な看板が

その中のひとつ、明治23(1890)年創業の『新玉亭』は津の老舗うなぎ店の代表格。仲良くさせてもらっている名古屋のうなぎ屋のご主人から勧められたのをきっかけに、津へ訪れたときに立ち寄っている。

『新玉亭』外観。広々とした駐車場も完備している
『新玉亭』外観。広々とした駐車場も完備している

津のうなぎ屋の大半はメニューに「ひつまぶし」がない。うな丼かうな重、または長焼き定食の3択になる。

『新玉亭』では、うな丼はうなぎの量によって価格が異なり、「特上丼」(5切れ・3355円)と「上丼」(4切れ・2750円)、「中丼」(3切れ・2145円)、「並丼」(2切れ・1540円)、「小丼」(1切れ・935円)の5種類を用意。

「中丼」(3切れ・2145円)
「中丼」(3切れ・2145円)

覆面調査時に注文したのが「中丼」。ご覧の通り、うなぎは3切れでもご飯を覆い尽くすほど大きくて分厚い。タレの味付けはやや辛口で、うなぎの脂の甘さと相まって美味しい。ふんわりととろけるような身の食感も素晴らしかった。やっぱり、ここは旨い!

次のページ
店の入口横に鎮座するうなぎ自販機...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

永谷正樹
永谷正樹

永谷正樹

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…