MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
“硬いが旨い”吉田のうどんは2回食べるとハマる⁉|自家製麺 うどん五葵ITSUKI (うどん/亀有)

“硬いが旨い”吉田のうどんは2回食べるとハマる⁉|自家製麺 うどん五葵ITSUKI (うどん/亀有)

自家製麺 うどん五葵ITSUKIは東京都内で本格的な吉田のうどんが食べられる希少な店。[交]JR常磐線亀有駅南口から徒歩約15分 ※ランチタイム有

五葵(ITSUKI)の吉田うどん(最寄駅:亀有駅)

うどんは強力粉をメインに独自でブレンドして熟成。噛み締めるほどに小麦の旨みが広がる。温かいうどんにはキャベツ、油揚げ、ニンジン、ネギがのる。現地感を楽しむなら、きんぴらゴボウや馬肉などのトッピングをぜひ。つゆは、昆布、イリコ、煮干し、干しシイタケとサバなど4つの節でとられたダシ、3種の味噌が香って染み入る旨さ。「富士の雪カレーうどん」(平日限定/900円)など創作メニュー類も豊富だ。

温かいうどん470円+五葵スペシャルA 450円

「五葵スペシャルA」は、かき揚げ、わかめ、きんぴらゴボウ、煮たまご、馬肉のトッピング

冷やしぶっかけうどん
600円

冷やしでいただくうどんの硬さは顎が疲れるほど⁉ つゆは追い鰹がきき、飲み干したくなる旨さ

自家製麺 うどん五葵ITSUKI

東京都葛飾区西亀有3-20-14 ☎03-6321-5797 [営]11時半~14時半(14時20分LO)、17時半~21時(20時半LO)※ランチタイム有 [休]第1木、第2・第4日(連休の場合は営業、翌平日休)、第3・第5木夜 [席]全23席/全席禁煙/カード不可/サなし [交]JR常磐線亀有駅南口から徒歩約15分

電話番号 03-6321-5797
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
端正で見目麗しく透き通るほどの美しさ。これぞシンプルの極みの関西ダシ文化の賜物!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
千駄木『うどん 汐満』|「豚カレーうどん」と「肉汁うどん」の二枚看板の店。カレースープは約20種類のスパイスに高級ミルクを加えた濃厚でクリーミーな味わい。
うどんとご飯。関西人が愛する炭水化物の共演です。このセットは奥が深いですよ。
1925年に創業した老舗レストラン。当代の祖父にあたる2代目が考案して以来の看板メニューがこの「ヤキメシ」だ。
次から次へと運ばれる小さなつまみに、酒飲みならば誰しもぐっとくるはず。気取りのない下町の居酒屋だけれど、洗練された料理の味わいと盛り付けの美しさは割烹かそれ以上。
予約必須の食パンが有名な超超人気店。けれど魅力はそれだけではない! 
文政6年(1823)年から続く酒蔵『木内酒造』が経営。クリアで味わい深い「常陸野ネストビール」と清酒「菊盛」、石臼自家製粉の常陸秋そば。
大正3年に日本橋浜町で創業。スーラーメンなど名物料理は多いが、今回はザ・王道と呼びたくなるラーメンに注目したい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt