MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
日本酒BAR 福助|上質な日本酒と肴を立ち飲みで(日本酒バー/谷中)

日本酒BAR 福助|上質な日本酒と肴を立ち飲みで(日本酒バー/谷中)

2016年2月にオープンしたばかりのスタンディングバー。日本酒は辛口を中心に約20種、500円〜。[交]東京メトロ千代田線 千駄木駅から徒歩3分、JR 日暮里駅から5分

日本酒BAR 福助(最寄駅:千駄木駅)

料理は軽いつまみから肉・魚料理まで、海外ホテルの日本料理店で料理長を務めてきた店主が調理する。さっと飲みたい時にもしっかり食べたい時にも使える、重宝する一軒だ。

大吟醸 板粕のカマンベールチーズ焼き
700円

日本酒BAR 福助

[住所]東京都台東区谷中3-13-8 [TEL]03-4296-6720 [営業時間]17時~翌1時(24時半LO)、 土・日 12時~15時、17時~24時 [休日]火 [交通アクセス]東京メトロ千代田線 千駄木駅から徒歩3分、JR 日暮里駅から5分

電話番号 03-4296-6720
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
日本各地の7つの蔵元とコラボし、日比谷バーがプロデュース。世界初の“日本酒カクテル”専門バーだ。
旬の食材を生かした活気溢れる熊谷シェフの一皿ひと皿に、店主の赤星氏がピンポイントで合わせる日本酒のペアリングがキレキレだ。食材の食感や香り、旨みや酸味等々と日本酒がピタッと調和して響き合う。
日本酒の聖地と称される大塚。でもワインの店だって、続々と誕生しているのだ。
カウンター7席のナチュラルワインバー。店をひとりで切り盛りする女性店主は元パティシエール。
天然水の強炭酸ソーダと溶けにくい特製氷で作った、冴えた飲み口のハイボールがなんと30種類以上! 
店主の飽くなき研究で供される寿司にハマる人、続出。赤身のヅケに福井県の地がらしをちょんと乗せたり、赤貝を昆布〆にしてみたり。
どこまでも深いスープにフルフルの豆腐、そこへ辛さの刺激が追っかける! 寒さ増すこの時期にピッタリの韓国鍋で体の中から温まろう。
船橋の『まるは』グループが、「日本近海の海の幸を使った鮮魚ラーメン」を引っ提げて東京に進出。割烹料理や大衆居酒屋も営むことから、市場との伝手を生かした、他店では食べられないような贅沢な一杯を目指す。
上質なスイーツはもちろん、ヴィエノワズリーも頂上レベルのこちら。この「パン・オ・レザン」は、ブリオッシュ生地にラムの香り豊かなレーズンが巻かれ、噛んだ瞬間からその甘美な世界にうっとり。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル