MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
オムライス 東京 ベスト9選!-ふわとろから昔ながらの味まで-

オムライス 東京 ベスト9選!-ふわとろから昔ながらの味まで-

「人気グルメ情報誌」のおとなの週末スタッフが東京都内を食べ歩いて見つけたオムライスが美味しいお店。薄焼き玉子で包んだケチャップライスはベーコンや玉ねぎなどいたって定番のオムライスから歌舞伎役者らに愛され続けているのがオムライスまで絶対におすすめしたいオムライスを東京都内を食べ歩いて見つけました!

perm_media 《画像ギャラリー》オムライス 東京 ベスト9選!-ふわとろから昔ながらの味まで-の画像をチェック! navigate_next

はじめに

子供から大人まで大好きなオムライスは家庭の味としても親しまれていますが、人気の名店で食べるオムライスはまた格別の味がします。東京都内の数ある老舗の中から、オムライスが有名なお店をご紹介します。
ベーコンや玉ねぎを具材としたケチャップライスを薄焼き玉子で包んだ定番のオムライスや、とろっととろける卵が美味の半熟玉子タイプなど、長年愛されるオムライスの数々をお楽しみください!

レストラン コニシのオムライス[恵比寿]

「特別なことは何もしていないんです。いい食材を使い、調理の基本を守っているだけ」。店主の小西正さんは謙遜して言うが、豊富なメニューはどれも間違いない味。とりわけオムライスの素朴な旨さには笑みがこぼれるほどだ。

▲オムライス 950円

ベーコンや玉ねぎなどを入れたケチャップライスを薄焼き玉子で包んだ、いわゆる「定番オムライス」が、本当に絶品!
フライパンを豪快に振って、時間をかけ強火で炒めることでケチャップライスにまろやかなコクを出していて、思わず笑顔になるおいしさです。

▲店内の様子

『レストラン コニシ』
[住所]東京都渋谷区広尾1-9-20 [TEL]03-3449-8292 [営業時間]11時~16時、17時~21時(20時半LO)[休日]日曜日・祝日 [座席]カウンター7席、テーブル4席×6卓、計31席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [アクセス]地下鉄日比谷線広尾駅2番出口から徒歩6分、JR線ほか恵比寿駅西口から徒歩7分 ※ランチタイム有

あづま家のオムライス[日暮里]

JR日暮里駅から徒歩1分という立地で70年近く営業する軽食、定食も多く揃う喫茶店「あづま家」。看板は中華料理。しかしながらオムライスもぜひ食べてほしい。

▲オムライス 900円

昭和レトロな雰囲気をそのままに根強いファンが通う人気店。定食から甘味までメニューも豊富。
正統派のオムライスは薄焼き卵で包んだケチャップライスがふわりと口の中で広がります。ケチャップのきつさがなく、コクと旨味があるのでどんどん食べられます。
黄色い玉子焼きに色鮮やかなケチャップ、、美しいフォルムもまた、完成された逸品という感じがしてたまりません。

『あづま家』
[住所]東京都荒川区西日暮里3-2-2 [TEL]03-3821-4946 [営業時間]10時~20時 [休日]木曜日 [アクセス]JR日暮里駅徒歩1分 ※ランチタイム有

グリル グランドのオムライス[浅草]

昭和16年に浅草で創業した洋食の名店「グリル グランド」の「特製オムライス」はとろとろの半熟玉子でチキンライスを覆い、2週間かけて仕込むデミグラスソースがたっぷりかかる。

▲特製オムライス 1600円

三代にわたって味を守り続けている名店で、メニューには「オムライス」、「特製オムライス」、「オムハヤシ」があり、オムライスへの愛着がうかがえます。
特に「特製オムライス」は三代目が作った人気の味で、べたつかずパラッとしたライスに、半熟のとろとろ卵、そしてデミグラスソースが織り成す調和のとれた贅沢な味!ぜひ堪能してください!

『グリル グランド』
[住所]東京都台東区浅草3-24-6 [TEL]03-3874-2351 [営業時間]11時半~13時45分LO、17時~20時半LO [休日]日曜日・月曜日 [アクセス]東京メトロ銀座線、東武伊勢崎線 浅草駅 徒歩8分、都営地下鉄浅草線 浅草駅 徒歩10分、つくばエクスプレス 浅草駅 徒歩8分 ※ランチタイム有

軽食 甘味花家のオムライス[日暮里]

ごろごろチキンが贅沢オムライス!『あずま家』の隣で、やはり70年近く歴史を刻む甘味と中華の店。鶏肉がゴロゴロと入ったケチャップライスは、薄めの味付けで、玉子にかかるケチャップと少しずつ混ぜると丁度良い濃さに。

▲オムライス 1000円

リニューアルしたこぎれいな外観からはわかりませんが、実は70年近く続いている中華と甘味のお店。中華料理の店なので餃子などが美味しいのはもちろんなのですが、実はオムライスも非常におすすめなんです。
ごろごろと存在感のある大きいサイズの鶏肉が入ったケチャップライスは薄めの味付けですが、薄焼き玉子に包んでケチャップをかけるとちょうどよい味付けになる計算された美味しさが人気です。昔ながらの味を楽しめますよ。

『軽食 甘味花家』
[住所]東京都荒川区西日暮里3-2-2 [TEL]03-3821-3293 [営業時間]10時半~20時 [休日]火曜日 [アクセス]JR線日暮里駅北口より徒歩1分 ※ランチタイム有

喫茶YOUのオムライス[東銀座]

喫茶YOUは歌舞伎座の裏に店を構える。場所柄、亡き中村勘三郎氏をはじめ多くの歌舞伎役者らに愛され続けているのがオムライスだ。
シンプルなケチャップライスの上に生クリームたっぷりのオムレツをのせたタイプ。ふわっと、とろける仕上がりになるよう熟練の技で焼き上げる。

▲you飯 オムライスセット(ドリンク付)

メディアでも取り上げられ、外国人観光客にも人気。銀座のオムライスと言えば必ず名前が挙がるほどの有名店です。
シンプルなケチャップライスに熟練の技で焼き上げたオムレツがのっています。生クリームたっぷりのオムレツは切ると卵がとろっとあふれてきて、コクとまろやかさがクセになります。11時~15時はランチセットでドリンク付きです。

『喫茶YOU』
[住所]東京都中央区銀座4-13-17高野ビル1・2階 [TEL]03-6226-0482 [営業時間]0時~20時半LO(オムライスは11時半~) [休日]年末年始 [アクセス]東京メトロ日比谷線、浅草線 東銀座駅5番出口 徒歩1分 ※ランチタイム有

むさしやのオムライス[新橋]

カウンター8席だけの新橋の行列店。山盛りのナポリタンが有名だが、意外にも一番人気はオムライスという。オムライスはバターで玉子を焼き、香りを添えるのが味の決め手。付け合わせにケチャップ味のスパゲティとキャベツがたっぷり添えられている。 

▲オムライス 700円

創業明治18年、サラリーマンでにぎわう新橋にカウンター8席だけの歴史を感じさせるお店は連日行列が絶えない人気店です。一番人気のオムライス以外にも、ドライカレーを玉子で包んだオムドライも挑戦してみたいメニューの一つです!

『むさしや』
[住所]東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル1階 [TEL]03-3501-3603 [営業時間]10時半~19時、土曜日は11時~14時半 [休日]日曜日・祝日 [座席]カウンター8席、計8席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口からすぐ ※ランチタイム有

煉瓦亭のオムライス[銀座]

「煉瓦亭」は創業は明治28年という老舗洋食屋。この店で誕生した洋食メニューはいくつもあるが、オムライスもそのひとつ。
ご飯を挽き肉や玉ねぎなどと炒め合わせ、溶き卵の中へ。それをオムレツのように焼き上げ、仕上げにケチャップ。これが「元祖オムライス」で、玉子のコクと風味が口の中でふわっと広がる贅沢な美味しさだ。

▲元祖オムライス 1500円

歴史を持つこちらの名店は、オムライスやカツレツが日本の家庭料理として広まった、原点としても有名な由緒ある老舗です。温かみのある木製家具が配置された店内は落ち着いていて、ゆっくりと食事を楽しむのに最適。
「元祖オムライス」は、今となっては逆に目新しい元祖の味!コクと風味を楽しんで!

『煉瓦亭』
[住所]東京都中央区銀座3-5-16 [TEL]03-3561-3882 [営業時間]11時15分~14時15分LO、16時40分~20時半LO(土曜日・祝日20時LO)[休日]日曜日、年末年始 [アクセス]東京メトロ銀座線銀座駅A10またはB1出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

レストランチャモロのオムライス[恵比寿]

「レストラン チャモロ」の「やわらか厚切り牛タンオムライス」は、40年前の創業以来の人気メニューだ。半熟玉子の上には、やや甘めに煮込まれた厚切り牛タンがドンと鎮座。
下にはバターライス。そして周囲には8時間煮込まれたデミグラスソースがたっぷり。
4つの素材を口に含めば、甘味、旨み、酸味が心地よく調和し、なんとも絶品。

▲やわらか厚切り牛タンオムライス 1500円

昔から変わらぬレトロな雰囲気でひっそりと地下1階にたたずむ名店は、店内も長年続けてきたお店の貫録からか、とても落ち着いた空間になっています。
人気の「やわらか厚切り牛タンオムライス」は、箸で切れるほど柔らかい牛タンが魅力!他では真似できない美味しさのとりこになること間違いなし!

『レストラン チャモロ』
[住所]東京都渋谷区恵比寿南1-2-8 地下1階 [TEL]03-3710-7631 [営業時間]12時~14時半LO、18時~22時LO(夜は金曜日・土曜日のみ) [休日]日曜日、年末年始 [アクセス]JR山手線・埼京線 恵比寿駅 西口から徒歩3分 ※ランチタイム有

西洋料理 杉山亭のオムライス[西小山]

絶妙な焼き加減の半熟玉子で包まれたチキンライスは濃厚な旨み。継ぎ足しで作るコクのあるデミグラスソースと一緒に味わえば、まるでリゾットのような風合いが口いっぱいに広がる。この味を求めて遠方から訪れる客も多い不動の人気メニューだ。

▲杉山亭風オムライス 1030円

広めの店内にゆとりをもって置かれたテーブルと4席だけのカウンターで営業する洋食店で人気なのは「杉山亭風オムライス」。
大きめにカットされた具材が入ったチキンライスと、絶妙な焼き加減の半熟玉子は濃厚なうまみを引き出しています。さらに、継ぎ足して作る深い味わいの自慢のデミグラスソースも一緒に食べることで、リゾットのような口当たりになり美味しさ倍増。
自家製ドレッシングを使ったサラダもセットになっています。

『西洋料理 杉山亭』
[住所]東京都品川区小山6-1-3 [TEL]03-3712-6222 [営業時間]11時半~14時半LO、18時~22時LO、土曜日・祝日11時~15時LO、17時~22時LO、日曜日11時~15時LO、17時~21時LO [休日]月曜日 [座席]カウンター4席、テーブル4席×3卓、計16席/禁煙席なし/夜は予約可/カード不可/サなし [アクセス]東急目黒線ほか西小山駅から徒歩2分

おわりに

どのお店も長年続けてきただけあって、オムライス以外のメニューも自信を持っておすすめできる名店です。おうちで食べるオムライスもよいですが、自宅で作るオムライスとは一味違ったプロの味を楽しむのもちょっとした贅沢時間です。玉子の優しい味はいつでも食べる人を幸せにしてくれますね。家族と、恋人と、友人と、ぜひ食べてみてください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
最近巷をにぎわせている飲料と言えば、クラフトコーラ、レモンサワーにノンアルビール&サワー。評判の店に行ったり、飲み比べをしたりで、それらの評判に偽りなし!なのかどうかを確かめてみました!
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル