MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
FORRESTER(カレー/中目黒)|伝説のカレーを音楽と共に堪能したい

FORRESTER(カレー/中目黒)|伝説のカレーを音楽と共に堪能したい

かつて裏原宿にあり、伝説とまで称されたカレー専門店の「GHEE(ギー)」。店主の小山さんは10年以上もそちらに通いつめ、そのレシピを受け継いだ。※ランチタイム有

フォレスター|FORRESTER(最寄駅:中目黒駅)

カレー、ジン、音楽にどっぷり
つかってみて!


オープンさせた自身の店のコンセプトは“スパイス&ミュージック”。ヒップホップやR&Bの流れる店内でその味を愉しませてくれる。カレーはビーフ、バターチキン、野菜、キーマの4種類を用意。
なかでもとりわけファンが多いのが『GHEE』の代名詞とも言えるビーフだ。牛スジから3~4時間かけてとる旨みが濃厚なダシと、14種類のスパイスで具材の牛肉を煮込んだカレーは、フルーティな甘みや酸味を感じた後にやってくる刺激的な辛さがクセになる。 ディナータイムには、腕利きのバーテンダーでもある小山さんが作るカクテルを片手に、ジャークチキンをはじめとしたスパイス料理を愉しむのもいい。

ビーフカレー
900円

フルーツを入れることで、甘みや酸味をプラス。大量のスパイスからあふれる香りや、ほろ苦さもそこに加わり、辛さのなかにも奥行きと厚みを感じさせてくれる

バターチキンカレー
900円

甘さを抑えたコクのある味わい。たっぷりのクリームを使用し、まろやかさのなかにもスパイスの存在感がきわ立っている

コンビネーション(野菜&キーマ)
1200円

野菜から出るダシだけで作る野菜カレーは軽やかで優しい味わい。合挽き肉のキーマは小山さんオリジナルのアイデアも加味し、辛さは控えめながらも香り高い仕上がりになっている

ジャークチキン
900円

タイムを利かせたオリジナルのシーズニングに漬け込み、グリルで表面をパリッと焼き上げる。フルーティな香りのジンで作るカクテルとも抜群の相性だ

シップスミス ジンリッキー
1100円

アルコールのなかでも世界各国のクラフトジンの品揃えに力を入れており、その数30種類以上。それぞれに全く異なる香りや味を愉しみたい

[その他のメニュー]
地中海風フライドオリーブ600円、フムス650円、温かいスパイシーサラダ700円、ファラフェルサンド900円、自家製ミートボールのトマト煮込み800円など

FORRESTER

[住所]東京都目黒区中目黒1-4-21 エグゼクティブ代官山 201
[TEL]03-6303-4164 
[営業時間]11時半~15時半 18時~23時 [22時LO](土・日・祝は 11時半~22時LO) 
[休日]火
[座席]カウンター4席、テーブル2席×1卓、4席×1卓、5席×1卓 計15席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし 
[アクセス]東急東横線ほか中目黒駅から徒歩5分

電話番号 03-6303-4164
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
今人気のカレーといえば、大阪発のスパイスカレー。しかし、北海道ではスープカレーが根強い人気を誇っている。
現地感満載の内装やスパイシーな香り。入った途端、異空間の広がる本格的なスリランカ料理店。
カレーは「ポークキーマ」、「チキン」、「エビ」の3種類。メニューは1~3種のカレーが選べる「スリランカカレープレート」(1100円~)、今月のカレーと豆カレーなどが付く「鳩ノ森カレー」(1000円)がある。
ママの出身地大分の料理と、美味しいカレーを食べられる店なのです。カレーはもともと昼の人気メニューで、辞めちゃった人からママが受け継いだ味だとか。
骨付きスペアリブに、ごろっと大きな根菜類、スープの中には自家製豆腐も浮かんでいる。専門店が放つインパクト抜群の豚汁だ。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt