MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
タイ風立呑 福道 江古田店|本場タイの屋台がトーキョーにやってきた!(タイ料理/江古田)

タイ風立呑 福道 江古田店|本場タイの屋台がトーキョーにやってきた!(タイ料理/江古田)

タイ出身の女性料理人が作る本場そのままの料理と、立ち呑みの人でごった返す狭いカウンター。ここはまるで本物のタイの屋台のようだ。※ランチタイムあり

タイ風立呑 福道 江古田店(最寄駅:江古田駅)

雰囲気だけでなく価格も屋台並みで「タイビールが安いよ」と女将は豪快に笑う。他にもレモングラスハイやホッピーセット、ワインまでと幅広い品揃え。日本人が知らない料理も多く、つい頼んでみたくなる。名物は少数民族出身の女将のお母さんが手作りする、ふりかけをご飯に混ぜて握った「おにぎり」。目が覚めるほど激辛だが、それが酒に合うと常連のほとんどが頼む。〆は麺料理が豊富なタイのカレー麺「カオソーイ」で決まり!

ガイパッピゲン
500円

レッドカレーで鶏肉とタケノコなどを炒めた料理はピリ辛でビールに合う

リーオービール
590円

クンオップウンセン
700円

手前の「クンオップウンセン」はエビやキクラゲ、セロリと春雨の蒸し物。酸味のあるソースで。奥は「おにぎり」390円

お酒もバラエティ豊か。タイビール540円~、パクチーハイ450円、タイウイスキー350円~

カオソーイ
750円

レッドカレーに麺を合わせたカオソーイ。タイ周辺国でも食べられているカオソーイだが、揚げ麺が乗るのがバンコクの定番だ

タイ風立呑 福道 江古田店

[住所]東京都練馬区旭丘1-71-4 [TEL]03-5906-5527 [営業時間]11時半~14時半LO、17時~23時半LO [休日]無休 [席]カウンター スタンディング約15名、テーブル16席、計約31席(※写真の椅子はランチ時のみ)/喫煙可(ランチ禁煙)/夜は予約可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]西武池袋線江古田駅南口から徒歩3分

電話番号 03-5906-5527
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
お米屋さんが作ったフォー専門店だけあって、麺の食感がつるりと気持ちよく舌触りも抜群。化学調味料不使用のスープは上品で深い旨みをたたえ、後引く味わい。
この店のタイスキは、鶏ガラスープと4人前のてんこ盛り野菜が付いた基本セットに好きな具を追加するスタイル。具は牛肉、エビ、イカ、魚すり身団子、レバーなど全15種類で、すべて550円。
「生スーパータイサワー」は焼酎を使ったオリジナルフローズンドリンク。「パッポン(レモン)」はレモンの風味が爽やかな一杯だ。
夏にピッタリの刺激的な辛さ恵比寿や麻布十番に店を構えるタイ料理専門店「ブルーパパイア タイランド 」が、「京橋エドグラン」に出店。タイ人シェフらが作る料理は、まさに本場の味。
 ガード下に突如現れる、タイの屋台を彷彿とさせる店。開放的な雰囲気のなかで本場さながらの味わいが楽しめると評判だ。
2018年7月オープン。自然食を扱う会社が京都で立ち上げたジェラテリアの東京初進出店で、すべて合成乳化剤・安定剤フリー。
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt