MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
E・Bu・Ri・Ko|スープからデザートまできのこ尽くしの独創フレンチ(フレンチ/軽井沢)

E・Bu・Ri・Ko|スープからデザートまできのこ尽くしの独創フレンチ(フレンチ/軽井沢)

2011年に軽井沢にオープンしたきのこフレンチの専門店「E.Bu.Ri.Ko (エブリコ)」ランチ、ディナーともにコース料理のみの展開で、アミューズからスープ、メイン、デザートと、すべての皿にきのこが盛り込まれる。料理に使われるきのこは年間で百種ほど。時間が許す限り、シェフ自らも山に入り、きのこを採取している。

perm_media 《画像ギャラリー》E・Bu・Ri・Ko|スープからデザートまできのこ尽くしの独創フレンチ(フレンチ/軽井沢)の画像をチェック! navigate_next

E・Bu・Ri・Ko(最寄駅:軽井沢駅)

季節感を大切にしているため、料理には旬のきのこが使われるが、例えば同じ素材でも、濃厚な風味を引き出すためにあえて熟成させたものを使ったり、コクを出すために冷凍させてから使用するなど、コンディション調整を行っているのも特徴的だ。
唯一のアラカルト「本日のきのこの一皿」は、オリーブオイルとニンニクのコンフィ、エシャロットなどでソテーしたきのこの盛り合わせ。同じ味付けながらも、酸味のあるもの、ほのかな苦味を感じるものなど、きのこそれぞれの個性が感じられておもしろい。

ランチコース
2592円

リンゴを食べて育ったやわらかな信州牛のランプ肉を赤ワインとフォン・ド・ヴォー、きのこのダシをベースにした香り豊かな「黒ラッパタケ」のソースで楽しむ

本日のきのこの一皿
¥1922(2名分 ※ランチ限定)

日替わりで10~12種ものきのこがのる

E・Bu・Ri・Ko

長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1157-6 ☎0267-42-3033 [営]11時半~13時半LO、17時半~19時半LO [休]水 ※不定休あり [席]テーブル4席×3卓、2席×1卓 計14席 全席禁煙/カード不可/予約可/サ夜のみ5% [交]JR軽井沢駅北口から徒歩約15分、クルマ関越自動車道~上信越自動車道~「碓氷軽井沢IC」から約25分

電話番号 0267-42-3033
2015年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
オープンキッチンの小粋なフレンチバール。サラダやマリネのタパスから、パテやテリーヌの前菜、コンフィやローストのメインまで、正統派フレンチが楽しめる。
市場では仔牛を産んだことのない未経産牛が最も価値が高いと言われている。が、果たしてそれは本物の旨さなのか? 
ミシュランで三ツ星を獲得し続ける名店の味を肩肘張らない雰囲気の中いただける。最大の魅力は旬の素材の美味しさをシンプルな調理法で引き出した料理たち。
「冬には温かい料理を何か用意しておきたいですね」という料理長横山さん。「仔牛のクリーム煮込み」も毎年のように作るという。
皿のキャンバスに配した料理はまるでアート。なんて気取ってみたら店主の椿さん、「ただ収まりよくしてるだけです(笑)」とサラリ。
最新記事
チャーハンを頬張る学生の横で餃子とビールを楽しむサラリーマン。大井町で長年愛される中華料理店の変わらぬ日常。
日本勢の金メダルラッシュに沸く東京五輪もいよいよ終盤を迎えます。アスリートの活躍を支える選手村食堂は、各国の選手がSNSに「食事がおいしい」とたびたびアップするなど好評です。前回1964年東京五輪の選手村食堂で料理長を務めたのは村上信夫氏と入江茂忠氏。この伝説の料理人2人がそれぞれ総料理長だった帝国ホテルとホテルニューグランドでは、世界のアスリートを魅了した当時のメニューが復刻され、話題を集めています。
オープンキッチンの小粋なフレンチバール。サラダやマリネのタパスから、パテやテリーヌの前菜、コンフィやローストのメインまで、正統派フレンチが楽しめる。
みなさん、トマトはお好きですか? 西洋では「トマトが赤くなれば医者が青くなる」なんてことわざがあるくらい、味も栄養価も魅力的なお野菜。今の時期、特に美味しいトマトについて、農家さん&イタリアンのシェフと語り合いました!
昭和22年創業の餅菓子店の店内でいただけるのは、抹茶が主役のかき氷だ。メニューは抹茶のグレードにより普通・特選・極上に分かれ、氷は山梨県の天然氷・蔵元八義を使用。
get_app
ダウンロードする
キャンセル