MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
撮り鉄の「食」の思い出(2) ダイナープレヤデスふたたび(トワイライトエクスプレス瑞風 始動)/2017年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(2) ダイナープレヤデスふたたび(トワイライトエクスプレス瑞風 始動)/2017年撮影

2015年3月に大阪~札幌間の運転を終了したトワイライトエクスプレス、その伝統を引き継いで、まったく新しいトワイライトエクスプレス瑞風が帰ってきました。2017年6月17日に運転を開始しました。

ダイナープレヤデスふたたび(トワイライトエクスプレス瑞風 始動)/2017年撮影

 2015年3月に大阪~札幌間の運転を終了したトワイライトエクスプレス、その伝統を引き継いで、まったく新しいトワイライトエクスプレス瑞風が帰ってきました。2017年6月17日に運転を開始しました。10両編成で定員は30名、それだけも贅沢な列車なのがわかります。

 今年の3月に報道向けに車両を公開されたのですが、オープニングセレモニーに参加して車内も見ることができました。数年前にイメージイラストが出たときには、まさかこのままの形で実現するとは思わなかったのですが、現れた車両はイラストのイメージそのままでびっくり。まったく新しい形ながら列車としての違和感がないのにも好感がもてて、ひとめでファンになった次第です。

 さて、車内に入るとシックなエントランスに数々の工芸品が調度品として置かれています。一般的な客室ロイヤルツインでも1両に3室で広々としています。1室だけある“ザ・スイート”は大きなベッドにソファー、風呂まで付いている名実、料金共に日本最高グレードの車両です。

 定員20名の食堂車も連結されています。愛称はもちろん往年のトワイライトと同じ“ダイナープレヤデス”です。車両の半分がオープンキッチン、半分がテーブル席で、隣のラウンジカーとともに列車内とは思えない美しさです。ここで供される料理の数々、パンフレットやホームページを見ると、料理監修のシェフが紹介されているのですが、そうそうたるメンバーで、並々ならぬ力の入れ方を感じます。もちろん食べてはいないのですが、想像が広がりますね。

 まあ、料金のほうは1泊2日ツアーのロイヤルツインで約27万円、3泊4日ツアーの“ザ・スイート”で約120万円……、2名で×2です。乗車するには、人生設計を考えながら計画しなくてはならないかもしれません(笑)。それでも憧れの列車が、またひとつ増えました。


<トワイライトエクスプレス瑞風>
 JR九州の“ななつ星in九州”JR東日本の“トランスイート四季島”に続き2017年6月17日運転開始した3本目の豪華寝台列車。ツアー専用の列車で、みどりの窓口などでは切符を販売せず旅行商品として申し込む列車。1泊2日の山陽コース、山陰コース、3泊4日山陽山陰コースなど日にちによって異なるコースを走る。

1号車、10号車は展望車両になっている。

食堂車の愛称は“ダイナープレヤデス”

提供される料理を想像するだけでも楽しい。

ウエルカムドリンクはシャンパン。

ラウンジカーも美しい。とても車内とは思えないほど。

ラウンジカーにはバーカウンターも。

佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

 主な著作に「富士鉄」(講談社)「新幹線ぴあ」(ぴあMOOK)「鉄道ムービー入門」(玄光社)「ひつじがすき」(山と溪谷社)など多数、映像集に「感動の美景鉄道」(MAXAM)「日本の新幹線・特急」(シンフォレスト)など、担当番組に「素晴らしき日本・鉄道の旅」(BS-TBS)など

このグルメ記事のライター
佐々倉実@まとメシ

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
愛知県の豊橋に降り立ったのは1978年のこと。 撮影の目的は飯田線です。このころの飯田線は魅力的で、国鉄各線で使われていた古い車両がまだ走り続けていました。 当時はいろいろな車両が走る飯田線で頭がいっぱいで、豊橋駅付近の、鉄道以外の魅力に気づきませんでした。 たとえば豊橋カレーうどん、そしてブラックサンダーです……。
今回、訪れた鹿児島でのミッションは「鹿児島市電の全形式を撮影する」でした。 これが、なかなか厳しい! 鹿児島市電の場合は15種類もあります。 早朝から線路脇で通勤電車撮影作戦から始まり……。 どうにかミッションをクリアしたあとは、桜島で美味しいものの名産を探しに出かけてみました!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
近年、富山観光がクローズアップされたのは、なんといっても2015年の北陸新幹線金沢延伸のとき。東京駅から富山駅までは、最速2時間8分。  ということで今回は、東京から身近になった富山県の昆布締めのお話です。 「富山の人は、魚でも野菜でも、なんでも昆布締めにするから」というお話しをもとに、いろいろ調べてみました……。
初夏が近づいてくると行きたくなるのが富山県の鉄道です。 地元では「地鉄(ちてつ)」と呼ばれている富山地方鉄道。 沿線の風景も美しくて、平野を走る区間では立山連峰を眺めて走り、山に分け入れば渓谷も見ることができる観光鉄道でもあります……。
厚めにカットされているのに、柔らかくジューシーなことに驚かされるラムチョップ。生後4~6ヶ月のニュージーランド産ラムを、チルドの状態で約2ヶ月かけて船便で取り寄せ。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt