MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[きのこの里 鈴加園] おすすめ料理のグルメ記事と写真(和食/秩父)

[きのこの里 鈴加園] おすすめ料理のグルメ記事と写真(和食/秩父)

「きのこの里 鈴加園」は昭和44年に秩父の観光農園育成事業の一環として開かれた、レジャー施設の中核となる食事処。秩父で捕獲した鹿や猪、熊などの獣肉、地野菜やきのこを秩父に伝わる石器焼きで油を使わずに焼きあげる。[アクセス]秩父鉄道武州日野駅から徒歩20分。送迎あり(要連絡)

perm_media 《画像ギャラリー》[きのこの里 鈴加園] おすすめ料理のグルメ記事と写真(和食/秩父)の画像をチェック! navigate_next

きのこの里 鈴加園(最寄駅:武州日野駅)

秩父の山の幸をワイルドな石器焼きで存分に味わう

 昭和44年に秩父の観光農園育成事業の一環として開かれた、レジャー施設の中核となる食事処。秩父で捕獲した鹿や猪、熊などの獣肉、地野菜やきのこを秩父に伝わる石器焼きで油を使わずに焼きあげる。石器とは砂岩でできた岩のことで、石を熱してその上に素材を乗せて焼くというもの。煙が出たり焦げたりしないので、素材本来の美味しさを味わえるのが特長だ。 コースメニューは、一人前1944円から4860円まで7種類と豊富なうえ、一品料理も追加で注文できる。「鹿肉とまいたけのガーリック焼き」(756円)や「猪のもつ煮」(432円)など、こちらも“山の味”そのもの。窓越しに秩父の山々や荒川の清流を眺めながらの食事で、癒しの週末を過ごしてみては。

「木遣坊」コース
¥1944

熱々に熱された石器に、採れたて野菜や数種類のきのこ(内容は日替り)、肉を特製の味噌ダレに浸してから置き、こんがりと焼く。コースには、ご飯ときのこ汁、お新香、デザートが付く

きのこの里 鈴加園の店舗情報

埼玉県秩父市荒川小野原178 ☎0494-54-1234 [営]10時~18時(17時LO) [休]火 [席]テーブル6席×2卓、座敷8席×6卓、個室10席×1卓、12席×1卓、20席×1卓 計102席/禁煙席あり/カード不可/予約可/サなし、お通しなし [交]秩父鉄道武州日野駅から徒歩20分。送迎あり(要連絡)※ランチタイム有

電話番号 0494-54-1234
2015年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369
東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階
三軒茶屋「三茶呑場 マルコ」は居酒屋のような雰囲気ながら、ひと手間かけた料理とお酒が楽しめる。米は店主の出身地・新潟県の三大コシヒカリブランドのひとつ「いわふね米」を使用。
池尻大橋エリアの和食店「池尻本店 おわん」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。
日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。
最新記事
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
コロッケ、ハムエッグ、明太子…人気のおかずの多くは、惣菜パンとして商品化されています。皆さんのおススメ商品は何でしょうか?個人的なお気に入りは断然「ちくわパン」です(北海道出身です)。 JR東日本のエキナカの「NewDays」「NewDays KIOSK」で開催中(9月27日まで)の「北海道フェア2021」で、そのちくわパンがラインアップされていると聞いてチェックしました。ちくわパンといえば、札幌の人気パン店「どんぐり」が発祥です。どんぐりのちくわパンとの比較もしてみました。
三軒茶屋の銘酒居酒屋で腕を磨いた店主が満を持して開店した和食店。レアなものから人気なものまで取り揃える日本酒が自慢だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から取り上げるのは、“ユーミン”ことシンガー・ソングライターの松任谷由実。今も胸に残る初対面の時の言葉とは…。
get_app
ダウンロードする
キャンセル