SNSで最新情報をチェック

「きのこの里 鈴加園」は昭和44年に秩父の観光農園育成事業の一環として開かれた、レジャー施設の中核となる食事処。秩父で捕獲した鹿や猪、熊などの獣肉、地野菜やきのこを秩父に伝わる石器焼きで油を使わずに焼きあげる。[アクセス]秩父鉄道武州日野駅から徒歩20分。送迎あり(要連絡)

画像ギャラリー

きのこの里 鈴加園(最寄駅:武州日野駅)

秩父の山の幸をワイルドな石器焼きで存分に味わう
 昭和44年に秩父の観光農園育成事業の一環として開かれた、レジャー施設の中核となる食事処。秩父で捕獲した鹿や猪、熊などの獣肉、地野菜やきのこを秩父に伝わる石器焼きで油を使わずに焼きあげる。石器とは砂岩でできた岩のことで、石を熱してその上に素材を乗せて焼くというもの。煙が出たり焦げたりしないので、素材本来の美味しさを味わえるのが特長だ。 コースメニューは、一人前1944円から4860円まで7種類と豊富なうえ、一品料理も追加で注文できる。「鹿肉とまいたけのガーリック焼き」(756円)や「猪のもつ煮」(432円)など、こちらも“山の味”そのもの。窓越しに秩父の山々や荒川の清流を眺めながらの食事で、癒しの週末を過ごしてみては。

「木遣坊」コース

¥1944

熱々に熱された石器に、採れたて野菜や数種類のきのこ(内容は日替り)、肉を特製の味噌ダレに浸してから置き、こんがりと焼く。コースには、ご飯ときのこ汁、お新香、デザートが付く

きのこの里 鈴加園の店舗情報

電話番号 0494-54-1234

2015年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...