MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
メトロ食堂街の人気レストラン内に気軽に飲める3坪のバルがあった!(フレンチ/新宿)

メトロ食堂街の人気レストラン内に気軽に飲める3坪のバルがあった!(フレンチ/新宿)

今年開業50周年を迎えたメトロ食堂街でオープン当初から営業しているのが、フレンチをベースとしたカジュアルな西洋料理を提供する人気店『墨繪』だ。2015年11月の改装時、「止まり木感覚でひと息つける場所にしたい」という願いを込め、このバルスペースをオープン。※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》メトロ食堂街の人気レストラン内に気軽に飲める3坪のバルがあった!(フレンチ/新宿)の画像をチェック! navigate_next

バル墨繪3坪(最寄駅:新宿駅)

コースをメインにゆったりといただくレストランとは対照的に、価格帯も含めて気軽に立ち寄れる店造りを行った。料理は前菜類を中心にバルのみのメニューも豊富に揃える。

帆立グラタン
630円

「帆立グラタン」はふんだんに入ったホタテとエビが魅力。

3種盛 手前からライスサラダ生ハム包み、タコのトマトマリネ、つぶ貝の生姜煮 みぞれ和え
1260円

ディップ(クラッカー付き)手前からハムとチーズのムース、フムス(ひよこ豆のディップ)
各450円

「ディップ」はクミンの香り高い「フムス」など、意欲的なメニュー4種類を用意。

『墨繪』のさかなランチ
2100円(平日)

レストランのランチは、平日は日替わりで、肉・魚・パスタの各セットが1460円〜6種揃う。例えばこの日のソースには、八丁味噌やシイタケなどがさりげなく使われ、奥行きのある味わいと豊かな食感を演出している。ラストオーダーは平日が16時(土・日・祝は15時半)とゆったり

バル墨繪3坪

東京都新宿区西新宿1-1-2 B1 メトロ食堂街 ☎03-3343-0889 [営]11時〜22時半(21時15分LO)  [休]施設に準ずる [席]バル:15席、レストラン:50席 全席禁煙/レストランのみ予約可/カード可/サなし [交]各線新宿駅西口改札から直結、徒歩2分

電話番号 03-3343-0889
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
皿のキャンバスに配した料理はまるでアート。なんて気取ってみたら店主の椿さん、「ただ収まりよくしてるだけです(笑)」とサラリ。
滋賀の食材をメインにしたビストロで、記憶に刻まれるひと皿に出合った。それが近江牛の炭火焼き。中心温度を45℃前後に保ちつつ、炭火に乗せて、休ませてを繰り返すこと3~4回。
煮込み料理は地味かもしれない。けれど地道な仕込みの手間がかけられたその味には、真の美しさが宿るのだと思う。
ワインでお肉。言うまでもなくシアワセな組み合わせだが、それをリーズナブルに満喫してもらいたいという明快さがいい。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
気さくで小気味よく話す、店主・小嶋さんの人柄ゆえか、遠くから足を運ぶ常連さんも多し。店は快活な雰囲気に溢れている。
厚削りの本枯節をじっくり煮出したダシに、醤油のまろやかな風味が立つかえし。どっしりとした風合いのつゆは、これぞ江戸蕎麦と言わんばかりの伝統的な味わいだ。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
ラーメン。中でも醤油ラーメンは日本人にとって原点の味だ。様々なラーメンに携わり、最終的に「醤油だ!」と戻ってくる店主も少なくない。今回はその醤油に特化。研ぎ澄まされた進化系から、昔ながらの懐かし系まで、唸る一杯の三ツ星店を集めました。ほか、東京の「コの字酒場」、自宅で温泉気分に浸れる「入浴剤」も特集しています!
1157views 本誌紹介

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル