MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
モザイク通りで体が喜ぶヘルシーモーニングを(カフェ/新宿)

モザイク通りで体が喜ぶヘルシーモーニングを(カフェ/新宿)

日本全国50以上の契約農家から直送される野菜をたっぷり食べられるカフェ。野菜は食べることを通して旬を感じられるのもひとつの魅力。※ランチタイム有

Mr.FARMER(最寄駅:新宿駅)

例えば「畑のニース風フォカッチャ」(1069円)で使われる野菜は入荷次第で異なるが、ひと皿で10種類が摂取可と、野菜不足の現代人にはうれしいだろう。ドレッシングやタレ類も含めて、人工添加物フリーなので、安心していただける。グルテンフリーやヴィーガン、アスリートなどに対応したメニューもある。

ほうれん草とベーコンのクロックムッシュ(ドリンク付き/朝)
1026円

朝食メニューはドリンク付き。一番人気の「クロックムッシュ」はほうれん草とチーズがたっぷり。

FARMER’S コブサラダ アガベドレッシング(ドリンク付き/朝)
1134円

「コブサラダ」は、チキンやスモークサーモンなどものり、これだけで満足感を得られるボリューム。

コールドプレスジュース[チャージ]
864円

コールドプレスジュースは人気で売り切れ注意

農園野菜のグラデーションスティック ツナのディップ
1285円

彩りも美しいスティック野菜は季節で内容が変わるが、例えば写真のアスパラのように「これが生で食べられるの!?」という驚きと感動があるはず。なめらかな食感のツナのディップやハイビスカスなどの塩でどうぞ

フルーツ寒天テリーヌベリーソースとチアシードソース
810円

寒天を使ったフルーツのテリーヌは、フルーツの瑞々しさが楽しめる。

Mr.FARMER

東京都新宿区西新宿1-1-3 小田急新宿ミロード モザイク通り ☎03-3349-5731 [営]9時〜23時(22時LO)  [休]施設に準ずる [席]2席×12卓、4席×10卓(うちテラス席4卓) 計64席/全席禁煙/17時以降は予約可/カード可/サなし [交] JR新宿駅から徒歩1分

電話番号 03-3349-5731
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ほっこり温かいカフェのシチューはいかが。重厚な扉の向こうは築85年の家を改装した落ち着いた空間が広がる。
行き交う人々を眼下に望み、店内へ一歩足を踏み入れると、約100年前から東京駅丸の内駅舎を支えた赤煉瓦の空間が広がっている。当時の面影に思いを馳せてのんびりと過ごせば、心が温まる。
ウッド調の店内を覗くと、入り口側にはトラベルグッズやお土産、文具のほか、プレゼントしたくなるような季節感あふれる小物など、様々なアイテムが並ぶ。奥にあるレストスペースは、止まり木といった趣のちょっとひと息つきたくなるような空間だ。
住宅街の細い路地に構える瀟洒な一軒家。1984年に紅茶専門店として開店以来、店主の樋口浩子さんが腕をふるっている。
スイーツ好きの熱い支持を集める店だ。フレンチレストランやフランスのパティスリーで修業した店主が、仕入れ、製菓、サーブまで全てひとりで行う。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt