MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
伝統のカレーが新宿スタイルで登場(レストラン/新宿三丁目)

伝統のカレーが新宿スタイルで登場(レストラン/新宿三丁目)

2016年4月に新宿にオープンした『BEAMS JAPAN』内に、BEAMSの店舗初となるレストランが登場。歴史ある日光金谷ホテル協力のもと、伝統料理をはじめ「クラフト(手作り)」をコンセプトにした日本の洋食を提供している。 ※ランチタイムあり

日光金谷ホテル クラフトグリル(最寄駅:新宿三丁目駅)

名物は大正時代のカレーレシピを再現し、新宿仕様にした「新宿百年ライスカレー」。ほかにもカサゴを一匹使ったフィッシュ&チップスなど注目メニューが多彩。日本のクラフトリカー類も揃え、料理とのペアリングを提案している。

新宿百年ライスカレー 
1944円

ココナッツミルクのまろやかさとスパイスの程良い刺激が特徴。新宿スタイルは牛フィレ肉のフリットをトッピング。ライスは写真のレーズンバターライスのほか、刻み漬けライス、雑穀米、白ライスから選べる

フィッシュ&チップス
1512円

カサゴの身をポテトと一緒に揚げたスタイル。豪快な盛り付けの見た目もインパクト大

日光金谷ホテル クラフトグリル

■『日光金谷ホテル クラフトグリル』
[住所]東京都新宿区新宿3-32-6 地下1階
[TEL]03-5361-7548
[営業時間]11時半~15時、17時~23時(土曜日・日曜日・祝日:11時半~23時)
[休日]施設に準ずる
[アクセス]新宿三丁目駅連絡通路出口から徒歩約1分

電話番号 03-5361-7548
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
開けた室堂には、数か所の山小屋や池をめぐる散策路が整備されているが、目指すは日本一高所にある天然温泉『みくりが池温泉』だ。泊まり客でなくても入浴や食事が楽しめる。
駅から近いけれどちょっと隠れた立地のせいか、ゆっくり食事ができる地元ご用達店。ランチのイチオシは牛カツで、たっぷりしたサラダの生野菜と手の込んだお惣菜が付くのがうれしい。
食料自給率の高い官僚のエネルギー源で午後へのチャージ!平日のランチタイムのみ一般開放されている農林水産省内の食堂に、幻のメニューあり! それが写真の「イワシ鯨ステーキ膳」なのだ。
代官山のキューバ料理店「Cafe Habana TOKYO(カフェハバナトウキョウ)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。97年にオープンし、ザガットをはじめ数々の賞を受賞したキューバレストランが昨年代官山にやってきた。[住所]東京都渋谷区猿楽町2-11
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。
埼玉県・川越市にて、旧家の邸宅を公開している庭園。始まりは明治2年(1869)創業の材木商「丹波屋」。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt