MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
北京(中華/新宿歌舞伎町)-牛肉入りラーメンに麺類のルーツを見る

北京(中華/新宿歌舞伎町)-牛肉入りラーメンに麺類のルーツを見る

新宿歌舞伎町の中華店「北京」の牛肉入りラーメンに関するグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。まだその存在すら日本ではあまり知られていなかった20年以上前から、黒いジャージャン麺、辛いチャンポンといった韓国式中華料理を提供し続けている中華料理店。麺は店頭で打たれる手打ち麺。[住所]東京都新宿区歌舞伎町2-45-2

perm_media 《画像ギャラリー》北京(中華/新宿歌舞伎町)-牛肉入りラーメンに麺類のルーツを見るの画像をチェック! navigate_next

北京(最寄駅:新宿駅)

牛肉入りラーメンに、麺類のルーツを見る

そのモチプリッとした味わいをもっとも堪能できるのが「蘭州牛肉ラーメン」。中国・甘粛省の蘭州は鹹水の発祥の地といわれる、いわば全世界的な麺のルーツ。中国の麺に韓国の麺。その両方を味わえば、心はおのずと大陸へと誘われる。※ランチタイム有

蘭州牛肉拉麺
900円

韓国を代表する2つの麺を楽しめる「ジャージャン麺+北京式チャンポン」(850円)など

北京

[住所] 東京都新宿区歌舞伎町2-45-2 ジャストビル1階
[電話番号] 03-3208-8252
[営業時間] 11時半~翌6時
[休日] 無休
[アクセス] JR新宿駅東口より徒歩約5分

電話番号 03-3208-8252
2016年9月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
『ゴルゴ13』などのヒット作で知られる漫画家のさいとう・たかをさんが9月24日、膵臓がんのため亡くなりました。84歳でした。さいとうさんが生前好んで食べたという絶品の「酢豚」を、月刊誌『おとなの週末』(2018年9月号)でも取り上げていました。お店の人に聞くと、「よく来られていました。最近はコロナなので、お持ち帰りがメインでした」といいます。当時の記事を再掲します。
日本発祥と言われる冷やし中華だが、本場の味が集まる横浜中華街でも夏の定番としてすっかり定着。よだれ鶏をのせる、刀削麺を使うなどバリエーションも様々。中でも「美味!」と唸らされた三ツ星店を紹介!
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
台湾の人気炒飯店『民生炒飯』の味に惚れ込んだ日本人スタッフが現地で修業をし、本場の味を習得。店主に認められ、国外初出店を果たした。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル