MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
おつまみ感覚で餃子をいただく、新宿三丁目の隠れ家的ワインバー

おつまみ感覚で餃子をいただく、新宿三丁目の隠れ家的ワインバー

新宿三丁目エリアの餃子店「餃子とタパス 雷紋」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。餃子を看板メニューにかかげるワインバー。ニンニク不使用で、餡に中華スパイス・五香粉をふんだんに練りこんだ焼き餃子は、ジューシーで鼻腔を抜ける深い香りが印象的。

餃子とタパス 雷紋(最寄駅:新宿三丁目駅)

リースリングワインの甘酸っぱさが絶妙にマッチする。他にも中華の調味料を巧みに使用した、創意工夫にとんだタパスも人気。女性ひとりでも気兼ねなく食事とワインを愉しめる店だ。

羽根付き焼き餃子
450円

グレープフルーツ果汁を使った特製タレをつければ、爽やかな味わいに

水餃子(麻辣のせ)
450円

モチモチの皮に包まれたジューシーな餃子に、辛みのタレとパクチーが彩りを添える

ローゼン
700円

ドイツ産のリースリングと五香粉が絶妙の相性

四川風よだれ鶏
700円

低温でしっとり茹でた鶏ムネ肉を、ショウガや山椒、唐辛子をきかせた自家製タレでいただく

餃子とタパス 雷紋

東京都新宿区新宿3-9-3 ☎03-5312-7405 [営]17時〜翌2時(翌1時LO) [休]月 [席]カウンター11席、テーブル6席、小上がり7席 計24席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし [交]地下鉄副都心線ほか新宿三丁目駅C6出口から徒歩1分

電話番号 03-5312-7405
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
看板商品はひと口餃子の「ちびすけ」(8個550円)。焼きまたは揚げを選べるほか、紫蘇やエビも。
昭和24年の創業以来、変わらぬ味を守り続ける老舗。合挽き、玉ネギ、ニラからなる餡を小ぶりの三角形に包み、パリッと焼き上げる。
創業者の出身地・台湾の小籠包と、その奥様の出身地・熊本のだご汁をルーツに生まれたのが、餃包。鶏ガラや豚肉、野菜などをとろとろになるまで煮込んだ白湯スープに、溢れ出す肉汁と肉餡が溶け合い、深みのある旨みに思わず唸る。
店内には使用する野菜から豚肉まで本日の原材料産地が。極力地元や東北の食材を使った、手作り感ある餃子メニューが数々。
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
甘じょっぱいタレに浸かったエビの天ぷらは、ご飯と海苔との相性がバツグン。ご飯とおかずがひと口サイズで一度につまめるため、数あるお弁当の中でもとにかく食べやすい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt