MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
注目キッチンアイテム・レポート(4) とにかく旨い!「我が家炊き」が充実した最新の炊飯ジャー/象印 極め炊き

注目キッチンアイテム・レポート(4) とにかく旨い!「我が家炊き」が充実した最新の炊飯ジャー/象印 極め炊き

内釜に伝統工芸品として名高い南部鉄器を使用する贅沢な逸品、極め炊きシリーズの最新モデルNW-A10が発売された。

象印 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き NW-AT10

毎日食べるものだからこだわりたい、「我が家」ならではの旨い飯

 白米こそ、日本人のソウルフード。炊きたてのごはんは最高のごちそうといっても過言でないだろう。カーボンダイエットなにするモノぞ、腹一杯白米を堪能したい。

 そんな我々にジャストミートの炊飯器が象印から発売された極め炊きシリーズの最新モデルNW-A10。内釜に伝統工芸品として名高い南部鉄器を使用する贅沢な逸品だ。通常の炊飯器に比べ広く浅めに作られた内釜は、上層の米が下層の米をつぶさないための一工夫。これで、一粒一粒が立った炊きあがりとなる。さらに蓄熱性の高い鉄器と高い火力の組み合わせで、熱対流を起こし、甘みのある炊きあがりを実現している。

 NW-A10では既存モデルでも好評を博している「我が家炊き」が充実。前回炊いたときの米の食感を、「固さ」と「粘り」2項目の感想として打ち込むことで、好みの炊き加減をどんどん学習していき、毎回、炊き方を微調整。「121通りの食感」から、銘柄や季節に関係なく好みの食感に炊きあげてくれる。

 価格は10万円超と若干高めだが、「旨い飯」を食したいならば、ぜひ一考してみてもいいだろう。



17世紀から続く伝統工芸、「南部鉄器 極め羽釜」。1000度の溶解鉄を原型に流し込み、羽釜の形へと削っていくことで完成する、非常に手間のかかる方法で作られる。

毎回洗う点数はたったの3つ。上蓋内部の2重ぶたと内釜だけ。毎日使うモノだからこその配慮だ。

ボタンをワンプッシュするだけで自動開閉するスマートクローズを採用。この機能も忙しい主婦(主夫?)にはうれしい機能。

自動制御で米の炊き加減を極めた、「始めチョロチョロ中パッパ赤子泣いても蓋とるな」を実現する高気圧・高火力の独自機能。

カラーバリエーションはホワイト、ブラックの2色。
象印 圧力IH炊飯ジャー
極め炊き NW-AT10(5.5合炊き)
オープン価格
問い合わせ:象印マホービンお客様ご相談センター ☎0120-345-135

櫻井克彦(さくらいかつひこ)
 オーディオ専門誌やグッズ雑誌などで活躍する大人ライター。とくに家電に対する情報に強く、(決して得意ではないが…)料理の腕もそこそこ?。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
パナソニックから11月に発売される食器洗い乾燥機NP-TH1は、従来のデザインを見直し、庫内容量を16%アップ。昨年発売されたNP-TR9の43ℓに対し、50ℓに拡張。その使い勝手も進化しているのだ……。
 2004年に誕生した「ヘルシオ」は、300度以上に加熱した水蒸気で調理する家庭用ウォーターオーブンだ。代を重ねるごとに進化し、今夏発売された第14世代目のXW400は、食材表面に短時間で焦げ目をつけることができる「あぶり焼き機能」を搭載……。
 すき焼き鍋やダッチオーブンなどに使われる鉄鋳物。従来のものは厚みが4〜5mmもあり、分厚くて重く、普段の料理では扱いづらい素材だった。ところがこの魔法のフライパンは、鉄鋳物でありながら厚みはわずか1.5mmなのだ!
 高知県の竹虎は、創業明治27年。すでに120年以上の歴史をもつ竹材専業メーカーで、キッチン用品からインテリアまで幅広く手がける同社の人気アイテムが、大根おろしの鬼おろしだ。鋭く並んだ竹の刃が“鬼の歯”を連想させることから、この名で呼ばれている。
“鍛冶の町”として知られる新潟県三条市で昭和23年に創業した包丁工房タダフサ。職人のハンドメイドによる本格派がそろう包丁のなかでも、とくに評判なのが、切れ味抜群のパン切り包丁だ。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt