MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
飯田橋でお酒を堪能♪居酒屋ほか“美味しく呑める店”5軒!

飯田橋でお酒を堪能♪居酒屋ほか“美味しく呑める店”5軒!

乗り入れている電車も多く東京の交通網の中心地であり、飲食店が多く立ち並んでいる飯田橋。ここでは、居酒屋を中心に美味しいお酒と料理を堪能できるお店を、厳選してまとめました!ランキング常連の有名店やおしゃれな雰囲気のお店を一挙大公開します!

perm_media 《画像ギャラリー》飯田橋でお酒を堪能♪居酒屋ほか“美味しく呑める店”5軒!の画像をチェック! navigate_next

はじめに

江戸時代に徳川家康が名付けたと言われている「飯田橋」は、おしゃれな早稲田通りやレトロな神楽坂商店街など、新旧が混ぜ合わさった、都内でも魅力のあるエリアの1つですよね。
オフィスも多く、打ち上げや会社の飲み会に大人数で行けるお店から、一人で立ち寄れるお店まで、さまざまな飲食店が豊富です。
そんな中から、今回はお酒好きな人に捧げるべく、居酒屋をはじめ美味しいお酒が呑めて、美味しい料理も食べられる、夢のようなお店の情報を、厳選してご紹介します!

飯田橋の居酒屋・お酒が呑める店の地図

まずは分かりやすく地図でご紹介します!

日本酒と瀬戸内料理!『33kitchen(ミーサンキッチン)』(飯田橋駅 C1出口 徒歩6分)

▲牡蠣のオイル漬け1080円、日本酒とともに、、、

“ミーサン”とは3つの太陽を表し、生産者と消費者、そして両者をつなぐ飲食店を示している。店主の河野さんは、食材はもちろん、調味料に至るまで、自身の出身地である広島県産を使う。

広島出身の店主が地元の食材をメインに料理の腕をふるう、瀬戸内の美味しいお酒が呑めるお店!おしゃれでスタイリッシュな店内は、デートにもおすすめですし、カウンターだけのアットホームな雰囲気なのでひとりでも入りやすいです。

お酒に合う料理たちももちろん瀬戸内産が中心!写真のように、ぷりっぷりの牡蠣を使った料理も充実しています。
特におすすめなのが、じっくり土鍋で炊く「土鍋飯」!美味しすぎる〆として、誰もが注文しています。牡蠣の旨味が染み込み、忘れられない味になるでしょう!

▲『33kitchen』外観

■『33kitchen』
[住所]東京都新宿区新小川町8-3 
[TEL]03-6265-3812 
[営業時間]17時半〜24時(23時LO) 
[休日]不定休/
[座席]カウンター8席 計8席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし 
[アクセス]地下鉄東西線ほか飯田橋駅C1出口から徒歩6分

こだわりワインと和洋料理!『ル・ジャングレ』(飯田橋駅 4番出口 徒歩2分)

▲エゾ鹿のレアカツレツ 1380円、ワイン

自然派ワインが流行りの昨今、代表の有沢さんが最も心掛けていること―それは種類の豊富さでも希少な銘柄の品揃えでもない、徹底した品質管理だ。
国内外の約400種2000本を保管し、料理に合わせて最適な状態で提供してくれる。

店内にずらりと並んだワインが圧巻!品質管理を徹底した最高の状態で、国内外約400種の美味しいワインを飲ませてくれると大人気のお店です。しかもワインだけではなく、日本酒も50種という品揃えの多さ!

料理もこだわり抜いたものばかりで、写真の「エゾ鹿のカツ」はお店を代表する逸品!赤くレアな状態を残しつつも臭みはほぼ無く、ジビエ料理が苦手な人でも「牛カツよりもこっちのほうが好き!」と虜になる人もいるほど。
朝〆の「鶏の刺身」やとろける「生ハム」などもおすすめですよ!

▲『ル・ジャングレ』店内の様子

■『ル・ジャングレ』
[住所]東京都千代田区飯田橋4-7-4・1階 
[TEL]03-3556-3202 
[営業時間]17時~23時(22時半LO) 
[休日]日曜日、3連休以上の末日 
[座席]カウンター4席、テーブル26席、計30席/全席禁煙(テラス席は喫煙可)/予約可/カード可/サなし、お通し324円別 
[アクセス]地下鉄東西線ほか飯田橋駅4番出口から徒歩2分

ビールやハイボールとカレー!『カリ〜アンドスパイスバル咖喱人』(飯田橋駅 A5出口 徒歩1分)

▲おつまみセット ドリンク付き1080円(19時30分まで)※写真はホッピー

インド料理にはまって、ついに前職を辞めて店を出してしまったという安川さんが料理人兼店主。

安川さんのキャッチフレーズは「NO CURRY, NO LIFE」。そんな熱き店主の店では、カレー談義でワイワイ賑わうのも楽しい時間となる。

「カレー呑み」という、カレーもお酒も好きな人にとって夢のような時間を過ごせるのがこちらのお店!2015年にオープンしてからあっという間に、カレー好きたちに広まった人気店です。

スパイスのきいたつまみをアテにして、ビールはもちろん、これまたスパイスのきいたハイボールなどのココならではのお酒も楽しむことができる。
まずはワンドリンク付きが嬉しい、写真の「おつまみセット」を頼んでみて!ポテサラやカリ〜ピクルスなど、安くて絶品で、これだけでも大満足しそうなほどですが、〆にはぜひ「キーマカリ~」を!15種類のスパイスと超粗びき肉で、やみつきになること間違いなし!

▲『カリ〜アンドスパイスバル咖喱人』店内の様子

■『カリ〜アンドスパイスバル咖喱人』
[住所]東京都千代田区飯田橋3-2-6 フィルパーク飯田橋1F 
[TEL]03-6265-6960 
[営業時間]月曜日~木曜日:11時半~14時半、17時半~22時(金曜日は~23時)
[休日]土曜日・日曜日・祝日 
[座席]カウンター9席、屋上あり/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし、お通し代なし
[アクセス]地下鉄東西線飯田橋駅A5出口から徒歩1分

ビールやワインと魚卵!『魚卵House エニ』(飯田橋駅 A2出口 徒歩7分)

▲魚卵屋さんの本気のミルフィーユ 1500円

「エニ」という名前は、エビとカニの専門店であることを指す。というわけで、イクラ、タラコ、カラスミ、カズノコ……様々な魚卵を使った創作料理の他、エビ・カニその他の魚介類メニューが選び放題。

TVでも紹介される、有名店!魚卵というと何が思い浮かびますか?!こちらのお店ではイクラやタラコなどの定番魚卵だけではなく、からすみ、トビッコ、うになど、様々な魚卵ふんだんに使った絶品料理を堪能することができます!
イチオシの「ミルフィーユ」は、イクラやサーモン、カズノコなどが7層になっていて、見た目も美しく、食感と味の両方を楽しめます。

これらの料理と、ビールやワインが合わないはずがない!お酒がぐいぐい進みますよ。

▲『魚卵House エニ』の店内の様子

■『魚卵House エニ』
[住所]東京都千代田区飯田橋2-9-5 
[TEL] 03-3263-0755 
[営業時間]11時半〜15時、17時半〜24時(土曜日・日曜日・祝日:11時半〜24時) 
[休日]無休 
[座席]1階12席、2階32席 計44席/平日ランチ全席禁煙、夜・1階喫煙可、2階禁煙/カード可(ランチは現金のみ)/予約可/お通し300円 
[アクセス]JR総武線など飯田橋駅A2出口から徒歩7分

日本酒ととんかつ!『本家 あげづき』(飯田橋駅 B3出口 徒歩3分)

▲特ロースカツ 2322円

数ある豚肉から選んでいるのは「旨み抜群。脂身の融点が低く、とろける食感で、甘みが一段深い」という「南の島豚」。この旨さを引き出すために、まずは低温でじっくり、仕上げに高温で二度揚げする。

こちらのお店では、「日本酒」と「とんかつ」を楽しむことができます。

宮崎県の希少豚を使用した「特ロースのカツ」は、時間を惜しまずじっくりと揚げていて、肉の旨味がじゅわっ!ととけだします。噛むたびに美味しさを実感!自家挽きのひき肉を使った「メンチカツ」も絶品!

お酒もカツに合うものを厳選して揃えているので、ゆっくりと日本酒を楽しみながらカツを味わう「呑みカツ」を堪能してください!

▲『本家 あげづき』の内観

■『本家 あげづき』
[住所]東京都新宿区神楽坂3-2 山ノ内ビル地下1階 
[TEL]03-6265-0029 
[営業時間]11時半~15時(14時半LO)、18時~22時半(22時LO)、土曜日・日曜日・祝日:11時半~15時(14時半LO)、17時半~22時半(22時LO、日曜日・祝日:20時半LO)※ランチタイム有
[休日]火曜日・第3水曜日
[座席]全28席/一部喫煙可/予約夜のみ可/カード平日ランチ以外可/サ・お通し代なし 
[アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分

おわりに

ここまで居酒屋を中心に、お酒が呑めるおすすめのお店をご紹介してきましたが、気になるお店は見つかりましたか?どこも魅力的なお店ばかりですよね。飯田橋を訪れた際には、ぜひ足を運んでみてください!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
旨い酒と料理を堪能できる、魅力的なお店がたくさんある吉祥寺。ここではグルメライターが厳選したおすすめ店をご紹介します!新世代の注目店と昭和を感じる名店が揃った「ハーモニカ横丁」の体験記もあり!思わずはしご酒したくなるかも?!
東京都内の「居酒屋激戦区」の1つとして知られる上野。実際にグルメライターが調査したところ、確かにガード下や駅の周辺に、見逃せない安ウマ店をたくさん発見!その中でも特におすすめしたいお店の情報を、厳選してご紹介します!
品川の居酒屋を人気グルメ雑誌のライターが調査!実際に足を運んで、本当に美味い店を厳選しました。ゆったり出来る個室のあるお店やリーズナブルに楽しめる安くて美味しいお店、イチオシのおすすめ店などシーンに合わせてご紹介します!
門前仲町で、人気グルメ雑誌のライターが実際に足を運んで見つけた本当に美味しい居酒屋をご紹介します。リーズナブルに楽しめるお店や、こだわりが光るおすすめ店など朝まで飲みたくなる名店ばかり!ぜひチェックしてください!
神田でお酒を呑むなら絶対に外せない居酒屋情報をお届け!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に訪れて調査し、お酒も料理も本当に美味しく、こだわりのおもてなしがあったり、老舗の安心感があるなど、自信をもっておすすめできるお店ばかりです!
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル