MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
名古屋エリア限定グルメ情報(2) 「ひつまぶし」と「う巻き」が同時に味わえる「うなぎまぶしのオムライス」

名古屋エリア限定グルメ情報(2) 「ひつまぶし」と「う巻き」が同時に味わえる「うなぎまぶしのオムライス」

 ひと昔前と違って、鰻は気軽に食べられなくなってしまった。が、「うなぎまぶしのオムライス」は、市内の鰻屋で食べる「ひつまぶし」の約半額。専門店ならずとも、鰻を焼く技術があれば、このようなアイデアを凝らしたメニューがこれからも出てくるかもしれない……。

「ひつまぶし」と「う巻き」が同時に味わえる「うなぎまぶしのオムライス」/名古屋エリア限定グルメ情報(2)

 今の時季、巷の鰻屋はどこも大盛況。週末ともなれば、名古屋の某有名店は4時間待ちだという。
 そんななか、JR関西本線ほか八田駅前にある『てんぷら和創菜 えん』は、その名の通り、天ぷらをメインとした和食店だが、鰻、それも名古屋らしい、ヒネリ(?)をきかせたメニュー好評とか。

 それが「うなぎまぶしのオムライス」(1800円)。細かく刻んだ鰻の蒲焼きをのせたご飯の上にフワフワのオムレツ、さらに餡がとろ~り。
「名古屋の人は、鰻は言うまでもなく、玉子もあんかけも好きですから、全部まとめてみました(笑)」と、店主の小栗広士さん。

 色モノに思えるが、食べてみると、ど真ん中の、正統派の和食だということがわかる。餡は和風ダシがベースなので、ひつまぶしの〆でいただく、お茶漬けの味そのものなのだ。薬味の海苔やワサビ、そして刻んだ大葉も心地良いアクセントになっている。また、フワフワのオムレツと鰻を一緒に食べれば、「う巻き」の味そのもの。なんとお得なメニューなんだ。
 ひと昔前と違って、鰻は気軽に食べられなくなってしまった。が、「うなぎまぶしのオムライス」は、市内の鰻屋で食べる「ひつまぶし」の約半額。もちろん、鰻の量がまったく違うものの、ある程度は満足できる。専門店ならずとも、鰻を焼く技術があれば、このようなアイデアを凝らしたメニューがこれからも出てくるかもしれない。

■『てんぷら和創菜 えん』
[住所]愛知県名古屋市中村区並木2-309 八田駅前プラザ1階 [TEL]052-485-9385 [営業時間]11時半~14時(13時半L.O.)、17時半~23時(22時L.O.) [休日]火曜日(日曜日の昼はコース予約のみ) [アクセス]JR関西本線八田駅北口から徒歩3分

永谷正樹(ながや・まさき)
'69年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
愛知県西部にある津島市。ここで約80年にわたって地元の人々に愛されている寿司店がある。 都心の寿司店と比べて敷居が低くて入りやすいのが街場の寿司店の魅力。 それが津島神社からほど近い『末廣寿司』だ。 出前の注文も多い、町場にある昔ながらの寿司店である……。
名古屋で数年前からブームが続いている点心。2016年、名古屋の矢場町交差点近くにオープンした『小籠包酒場 矢場CHINA』は、その先駆けだ。 ここの名物は、皮の色ごとに味が異なる「7つの幸せ小籠包」。前菜から〆のご飯までリーズナブルに楽しめるお店なのだ。
名古屋のご当地ラーメンといえば、台湾ラーメンがあまりにも有名だが、愛知県西部の一宮市にも知らない人はいないほど有名なラーメンがある。 それは、ニンニクがゴロゴロと粒ごと入った「ベトコンラーメン」。 5年ほど前に、名古屋・伏見のビジネス街に一宮の本店からのれん分けした店がオープンし、知名度を上げているのだ。
半年ほど前からは月イチのペースで静岡県へ通っている。そして、浜松市へ行ったときに、ときどき立ち寄らせてもらっているうなぎの店がある。 その店は、私の中では名古屋で食べたうなぎも含めて、間違いなく三本の指に入る名店中の名店。それが今回紹介する浜松市北区にある『鰻処 うな正』だ……。
名古屋めしの一つに挙げられる海老フライをはじめ、名古屋人は海老が大好き。名古屋市の隣町、あま市にある海老料理専門店『花菖蒲』は、刺身や焼き物、揚げ物から創作メニューまでありとあらゆる海老料理がそろう……。
私はごはん党なので、普段パスタをあまり食べないのですが、先日フラっとダイヤ街から一本入ったところにあるイタリアン『B』に入って、思い出しました。 この店が「○○し放題」の店であることを……。 というワケで、今回は吉祥寺で〇〇し放題の店をどーんとご紹介です。
イトヨリダイを使って毎日手仕込みする練り物は、弾けるようなしっかりとした食感と旨みが魅力。うれしいのがそのボリューム。
大正13年創業。洗練された内装と、上質で端正な握りが印象的だ。カウンターでお好み握りの「サーモン」を注文すると、職人さんが煮切り醤油をひと塗りして出してくれた。
昭和35年創業というから60年近く続く、なんとも気取りがない定食屋の味を、ご主人・山岸さんが守っている。そのとん汁がまた、家庭的とも言えるほっとする旨さ。
「たらスパ」の魅力に取り憑かれたオーナーが営む無限大の可能性を秘めたたらこスパゲッティ専門店!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt