MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
活魚料理 ととや(和食/新橋)|渾身の昼定食が「鯛頭煮定食」

活魚料理 ととや(和食/新橋)|渾身の昼定食が「鯛頭煮定食」

「活魚料理 ととや」は前身だった鮮魚店から始まり、ここ新橋で創業から40年以上にもなる。そんな老舗の魚料理専門店がうち出す、渾身の昼定食が「鯛頭煮定食」![交]JR山手線ほか新橋駅銀座口から徒歩1分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》活魚料理 ととや(和食/新橋)|渾身の昼定食が「鯛頭煮定食」の画像をチェック! navigate_next

活魚料理 ととや(最寄駅:新橋駅)

朝締め鯛を使った贅沢なカブト煮を充実の小鉢と共に食す!渾身の昼定食!

渾身の昼定食がコチラ!使用するのは、店主が毎朝築地市場に足を運び、長年の経験で培われた抜群の目利きで仕入れる特大サイズの鯛。活きたまま買い付け、その場で活け締めするため新鮮そのものだ。丁寧に下処理した後、醤油と砂糖をきかせ、こっくりとした味わいに煮付ける。ふっくらとした身を頬張れば、サラリとした上質な脂が口いっぱいにあふれ、ご飯を運ぶ手が止まらなくなるほどだ。 さらには、切り干し大根や佃煮などの日替わりの小鉢2種に加え、茶碗蒸しやお新香など、脇役も盛りだくさん。昼だけでも百数十人が訪れるという人気も大いにうなずける。

鯛頭煮定食
1080円

活魚料理 ととや

東京都港区新橋2-19-6 新和ビル4階 ☎03-3571-0118 [営]11時〜14時LO、17時〜22時(21時半LO) [休]土・日・祝 [交]JR山手線ほか新橋駅銀座口から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3571-0118
2015年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369
東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階
三軒茶屋「三茶呑場 マルコ」は居酒屋のような雰囲気ながら、ひと手間かけた料理とお酒が楽しめる。米は店主の出身地・新潟県の三大コシヒカリブランドのひとつ「いわふね米」を使用。
池尻大橋エリアの和食店「池尻本店 おわん」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。
日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。
最新記事
昭和22年創業の餅菓子店の店内でいただけるのは、抹茶が主役のかき氷だ。メニューは抹茶のグレードにより普通・特選・極上に分かれ、氷は山梨県の天然氷・蔵元八義を使用。
「山」という象意を持つ八白土星が司る8月は、私たちの前に突如「山」が立ちはだかる。「山」は「目標」や「夢」「理想」の象徴だ。山を見上げワクワクする人、ビビる人、登っていくのはあなた自身! 「山登り」パワーをくれるのは、八白土星食材の「牛肉」。夏真っ盛りの8月、「牛肉」を食して目の前の山を越えていこう!
サバジェンヌお気に入りのサバ料理店のひとつ『ごっつり』グループ。その理由は、八戸前沖さばを知り尽くしたオーナーが考案した珠玉のサバメニューに心を奪われているから。2021年4月にオープンした浅草橋のお店もまた至極の逸品揃い。その数々をお届けします。
コンベクションオーブンでふわっふわに焼き上げられた、ほかほかのチョコレート生地のスフレパンケーキにたっぷりのるのは、口溶けがなめらかなチョコレートクリーム。風味と硬さが異なるカカオ67%と70%のチョコチップを入れて、食感も絶妙にコントロールしている。
創業元禄3(1690)年の老舗『山本山』が、4月26日にお茶専門店『山本山 フジヱラボ』を新宿髙島屋の地下1階デイリーマートにオープン。単なる専門店ではなく、抹茶、煎茶、ほうじ茶を使ったドリンクやスイーツを提供しています。一体どんな味なのか伺いました。
get_app
ダウンロードする
キャンセル