MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
セキハナレ(日本料理/世田谷)|世田谷の人気居酒屋『夕』の姉妹店

セキハナレ(日本料理/世田谷)|世田谷の人気居酒屋『夕』の姉妹店

世田谷・若林の人気居酒屋『夕(せき)』の姉妹店がこちら。単品のみの『夕』に対し、ここはコース主体の店だ。

セキハナレ(最寄駅:世田谷駅)

食べ手を惹きつける、自由で伸びやかな感性

「旬の味をたっぷり食べられて、とにかく楽しんでもらえる料理を提供したい」と店主・川久保賢志さん。もともと自由な発想で定評のある彼だが、コースではさらに伸びやかに表現している感がある。たとえば前菜では、トマトピュレに白味噌を加えたカポナータ風の一品が、強肴にはフィレオフィッシュサンドが、〆にはごぼうのジャージャー麺までが登場。皿を重ねるごとに楽しさが膨らむこのコース約10皿5400円というお値うち感も嬉しいかぎりだ。

「セキハナレおまかせコース」
5400円

写真:「セキハナレおまかせコース」5400円

【椀物】小淵沢・とうもろこしと豆乳の冷たいスープ

【前菜】小淵沢・夏野菜と白味噌のカポナータ

豆乳や白味噌といった和の柔らかなテイストで、夏野菜の香りや甘みを引き立てた前菜と椀物

【お造り】鹿児島・黒むつ大分・関いさき

季節の野菜(香草も)を彩りよく、たっぷり盛り付けるお造り。薬味はわさびの他に生七味も添えて

【デザート】岡山・シャインマスカットの白和え

2品ある甘味のうちの1品。クリーミーでコクのある白和え衣が、ぶどうの優しい甘みを引き立てる

日本酒や焼酎の他、日本ワインにも精通する店主の川久保さん。造り手たちとのパイプも太い

[酒] ビール生小450円~ 焼酎グラス550円~ ワイングラス850円~、ボトル4000円~ 日本酒・600円(120ml)~ [その他のメニュー]軽めの5品おまかせコース(前菜・お椀・お造り・焼物・強肴)4320円、単品メニューは、本日のお造り2種盛り2160円、山梨県産美桜鶏ももの炙り岩塩焼き1296円、濃厚魚骨スープの塩ラーメン1026円(単品は一皿2名分の量)

セキハナレ

[住所]東京都世田谷区世田谷3-1-3 ☎03-5450-5870 [営業時間]18時~24時LO(翌1時閉店) [休日]月 [席]カウンター9席、テーブル8席 計17席/禁煙/予約可/カード可/サなし(単品オーダーの場合のみお通し代500円) [アクセス]東急世田谷線世田谷駅より徒歩1分

電話番号 03-5450-5870
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
宮城グルメの代表選手といえば仙台牛タンだが、この店のタンの、霜降り具合とジューシーさたるや……! ぶ厚い熟成タンの炭火焼きをはじめ、茹でても揚げても、しゃぶしゃぶにしても最高。
銀座でランチの約束が入ったら、まずはここを押さえるべし。仲買人が営む和食店で、主に北陸の漁場から届くとび切りの海の幸を引っさげ約1年前にお目見えした。
昭和35年創業というから60年近く続く、なんとも気取りがない定食屋の味を、ご主人・山岸さんが守っている。そのとん汁がまた、家庭的とも言えるほっとする旨さ。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。
人形町・甘酒横丁にある会席料理店の名物。生の白胡麻の皮を取り、丹念にすって練り上げた純白の胡麻豆腐に、煎った白胡麻のタレをかけていただく。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt