MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
松まつもと(割烹料理/中目黒)|お椀、お造り、季節の野菜。その心遣いにも満足

松まつもと(割烹料理/中目黒)|お椀、お造り、季節の野菜。その心遣いにも満足

コの字のカウンターの中でテキパキ仕事をする店主・松本幸子さんの人柄もあり、こじんまりとしながら活気がある。「お客さんに損はさせられない」という心意気。

perm_media 《画像ギャラリー》松まつもと(割烹料理/中目黒)|お椀、お造り、季節の野菜。その心遣いにも満足の画像をチェック! navigate_next

松まつもと(最寄駅:中目黒駅)

八品4800円のコースは実にお値うちだ。コース以外のお客さんも必ず食すという、お造りとお椀は中でも人気。魚マイスターでもある松本さんが産地にもこだわり選ぶ旬の魚は、ひと味もふた味も違う。この日のお椀には鮎やミニトマト、京都の粟麩、じゅん菜が入って、ほっこりお出汁も味わえる。彩り豊かに季節の野菜も盛り込まれ、丁寧に仕事がされた料理には、自然と顔もほころぶはずだ。

「桃」(八品)
5200円

【前菜】野菜の造り

品種や産地にこだわった旬の野菜が8〜9種類。金山寺味噌で。前菜には自家製生豆腐も

【お椀】鮎、ミニフルーツトマト、京都の栗麩、じゅん菜

まずはこちらでほっこりと。お椀は季節ごとに変わる。秋には松茸なども使う

【旬の魚のお造り】北海道・大黒さんま明石・タコ三宅島・釣りカンパチ

ほかに、天草・はも、汲み上げ湯葉と北海道のウニも。ツマにもこだわっていて全部食べられる

【おきまり】玉蜀黍(とうもろこし)の胡麻豆腐

季節の胡麻豆腐。やさしい食感。とうもろこしの甘みと、濃厚なゴマの風味が後を引く

日本酒の定番は手取川と七田。自然派ワインも人気で、和食と一緒に楽しめる

料金をプラスして、メインを和牛グリルに変更可。A4ランクの和牛は甘さすら感じる品のいい美味しさ

[酒] ビール生小グラス480円〜 焼酎グラス650円〜、ボトル2800円〜 ワイングラス750円〜、ボトル3800円〜 日本酒一合600円〜 
[その他のメニュー]松(コース・11品)6800円、本日の白和え750円、小肌の白ワインじめ650円、極卵の茶わんむし650円、大山鷄ささ身昆布じめ750円、フォアグラの味噌漬け焼とグリル野菜1500円、和牛のグリルと焼野菜1800円、本日のお魚のグリル900円〜、卵かけご飯「極卵」釜炊き1.5合1400円 ※価格はすべて外税

松まつもと

[住所]東京都目黒区上目黒2-24-14 [TEL]03-6451-0297 [営業時間]18時〜24時LO [休]日・祝 [席]カウンター12席のみ/禁煙/予約可/カード可/サなし [アクセス]東横線・地下鉄日比谷線中目黒駅東口から徒歩7分

電話番号 03-6451-0297
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
日光連山の雪解け水で仕込む“日光豆冨”が主役のとうふ料理専門店。定番人気「青竹膳」の初見の感想は、「この量で足りるかな?」。
ミシュランで一ツ星を獲得している高級割烹。2代目・中嶋貞治氏が継いだときに、市場での長年の付き合いから通年新鮮なものを提供できるということで、イワシを使ったランチを始めたという。
曲げわっぱの蓋を開けた途端、湯気と共に磯の香りが立ち上る。これが大正13年に創業した老舗の自慢の深川めしだ。
東京が誇る江戸料理のひとつがねぎま鍋。7年前の開店当初から、この鍋を看板に据えたのが荒木町の路地裏にあるこちらの名割烹だ。
ひとり用の釜に入れたご飯を供する、いわゆる「釜めし」の元祖。大正15年(1926)、初代・矢野テルが関東大震災の被災経験から炊きたてのご飯をふるまうことを思いつき、小さな釜を特注して生まれた。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル