MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
松まつもと(割烹料理/中目黒)|お椀、お造り、季節の野菜。その心遣いにも満足

松まつもと(割烹料理/中目黒)|お椀、お造り、季節の野菜。その心遣いにも満足

コの字のカウンターの中でテキパキ仕事をする店主・松本幸子さんの人柄もあり、こじんまりとしながら活気がある。「お客さんに損はさせられない」という心意気。

松まつもと(最寄駅:中目黒駅)

八品4800円のコースは実にお値うちだ。コース以外のお客さんも必ず食すという、お造りとお椀は中でも人気。魚マイスターでもある松本さんが産地にもこだわり選ぶ旬の魚は、ひと味もふた味も違う。この日のお椀には鮎やミニトマト、京都の粟麩、じゅん菜が入って、ほっこりお出汁も味わえる。彩り豊かに季節の野菜も盛り込まれ、丁寧に仕事がされた料理には、自然と顔もほころぶはずだ。

「桃」(八品)
5200円

【前菜】野菜の造り

品種や産地にこだわった旬の野菜が8〜9種類。金山寺味噌で。前菜には自家製生豆腐も

【お椀】鮎、ミニフルーツトマト、京都の栗麩、じゅん菜

まずはこちらでほっこりと。お椀は季節ごとに変わる。秋には松茸なども使う

【旬の魚のお造り】北海道・大黒さんま明石・タコ三宅島・釣りカンパチ

ほかに、天草・はも、汲み上げ湯葉と北海道のウニも。ツマにもこだわっていて全部食べられる

【おきまり】玉蜀黍(とうもろこし)の胡麻豆腐

季節の胡麻豆腐。やさしい食感。とうもろこしの甘みと、濃厚なゴマの風味が後を引く

日本酒の定番は手取川と七田。自然派ワインも人気で、和食と一緒に楽しめる

料金をプラスして、メインを和牛グリルに変更可。A4ランクの和牛は甘さすら感じる品のいい美味しさ

[酒] ビール生小グラス480円〜 焼酎グラス650円〜、ボトル2800円〜 ワイングラス750円〜、ボトル3800円〜 日本酒一合600円〜 
[その他のメニュー]松(コース・11品)6800円、本日の白和え750円、小肌の白ワインじめ650円、極卵の茶わんむし650円、大山鷄ささ身昆布じめ750円、フォアグラの味噌漬け焼とグリル野菜1500円、和牛のグリルと焼野菜1800円、本日のお魚のグリル900円〜、卵かけご飯「極卵」釜炊き1.5合1400円 ※価格はすべて外税

松まつもと

[住所]東京都目黒区上目黒2-24-14 [TEL]03-6451-0297 [営業時間]18時〜24時LO [休]日・祝 [席]カウンター12席のみ/禁煙/予約可/カード可/サなし [アクセス]東横線・地下鉄日比谷線中目黒駅東口から徒歩7分

電話番号 03-6451-0297
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
宮城グルメの代表選手といえば仙台牛タンだが、この店のタンの、霜降り具合とジューシーさたるや……! ぶ厚い熟成タンの炭火焼きをはじめ、茹でても揚げても、しゃぶしゃぶにしても最高。
銀座でランチの約束が入ったら、まずはここを押さえるべし。仲買人が営む和食店で、主に北陸の漁場から届くとび切りの海の幸を引っさげ約1年前にお目見えした。
昭和35年創業というから60年近く続く、なんとも気取りがない定食屋の味を、ご主人・山岸さんが守っている。そのとん汁がまた、家庭的とも言えるほっとする旨さ。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。
人形町・甘酒横丁にある会席料理店の名物。生の白胡麻の皮を取り、丹念にすって練り上げた純白の胡麻豆腐に、煎った白胡麻のタレをかけていただく。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt