MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
すし 松玄(寿司/恵比寿)のグルメ記事と写真。

すし 松玄(寿司/恵比寿)のグルメ記事と写真。

恵比寿の寿司店「すし 松玄」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。昭和41年に恵比寿で創業した寿司屋「松栄」の系列店としてオープン。築地の有名な老舗仲卸から仕入れる天然の生本マグロをはじめ、プロの目利きで選んだ間違いないネタを揃えている。すし 松玄[交]恵比寿駅西口から徒歩5分

perm_media 《画像ギャラリー》すし 松玄(寿司/恵比寿)のグルメ記事と写真。の画像をチェック! navigate_next

すし 松玄(最寄駅:恵比寿駅)

感性あふれる創作和食と確かなネタの寿司の競演

それら上質なにぎりが、おまかせ8貫で2808円というお値打ち価格にも驚くが、さらに目を見張るのは趣向を凝らした一品料理の豊富さだ。旬の日替わりだけでも約30種類が揃っている。京都や海外で和食の経験を積んだ料理人が作る味は、最高級の黒毛和牛と生ウニを使った「A5ザブトンの雲丹巻き」など斬新かつ繊細。そんな遊び心あふれる多彩なつまみとにぎりが付く「おまかせコース」のコストパフォーマンスも抜群だ。

おまかせコース
8640円

前菜や焼き物などの料理を堪能した後、にぎりで〆るコース。旬の果物を使った白和えやイベリコ豚の串焼きなど、あらゆる食材を独創性豊かにアレンジした創作和食がうれしい。華やかな料理に続くにぎりはオーソドックスなネタを揃える

A5ザブトンとウニ
540円

黒毛和牛の希少部位「ザブトン」(肩ロースの一部)に生ウニをのせた独自のにぎり。60℃の低温で火入れをした肉は柔らかくてジューシーな旨みがあふれ、濃厚な甘みのウニとシャリとのバランスも最高だ

毛ガニのサラダ
1512円

北海道根室産の毛ガニをほぐし、茹で卵とアボカドのサラダの上にたっぷりのせる。よく混ぜていただく。カニの殻のダシで炊いた黒米リゾットとカニ味噌を添えている

おまかせ8貫にぎり寿司
2808円

軽く炙ったサンマや、提供する直前に切って漬けるマグロのヅケなどのにぎり。シャリは寿司用にブレンドしたコシヒカリ

すし 松玄

東京都渋谷区恵比寿南2-3-13 山燃ビル2階 ☎03-6452-2400 [営]17時~23時 [休]月 [席]カウンター8席、テーブル2席×6卓、半個室4席×4卓、計36席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し540円別 [交]地下鉄日比谷線ほか恵比寿駅5番出口から徒歩2分、JR山手線・埼京線 恵比寿駅西口から徒歩5分

電話番号 03-6452-2400
2015年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昭和51年(1976)から続く、町の小さなお寿司屋さん。2代目店主の早川さんは、『銀座 久兵衛』で腕をふるっていたが、初代亡き後、地元のお客に説得されて実家を継ぐことになった。
艶やかなトロをはじめ、マグロ赤身、小肌、穴子、イクラ、タコ、車エビ……。シャリが見えないほどネタを敷き詰めたお重の豪華さに目を奪われる。
築地場外市場にあるカウンター5席ほどの小さなお店で、朝8時から開店する。マグロの仲卸業者による経営のため、マグロの希少部位も手頃な価格で味わえるのが魅力的。
東京駅と直結する「八重洲地下街」(以下、ヤエチカ)。2021年6月で開業57年を迎えた、東京を代表する地下街のひとつだが、今大きな変貌を遂げている。その中から、今回は2021年7月29日にオープンした『スシロー八重洲地下街店』をご紹介!
太巻き、細巻き、軍艦。まさに寿司の名脇役といえる海苔だが、大森が“海苔養殖の発祥地”だったことは意外に知られていない。
最新記事
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
みなさん、お正月におせちは召し上がっていますか? お重に詰まっているのは、一つひとつにその1年の幸せを込めた意味が付いた、日本の心であるお料理たち。大切に紡いでいきたい文化の一つです。そのおせち、デパートでは早くも来年の商品が予約開始。どうするか悩んでいる方、必読ですよ。
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。1970年代に「柳ジョージ&レイニーウッド」を結成し、「雨に泣いてる…」などのヒットで熱狂的な人気を誇ったロック歌手でギタリストの柳ジョージ(1948~2011年)の最終回。“夜聴き”にぴったりな世界の曲を集めた『レイト・ナイト・テイルズ』シリーズが人気です。海外の有名ミュージシャンが案内人となり、オススメの楽曲を選ぶコンピレーションアルバム。今回は、日本から柳ジョージの原点とも言うべき曲が収録されました。
get_app
ダウンロードする
キャンセル