MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
小川町駅でいま食べておきたい!唸るラーメン「成都正宗担々麺 つじ田」の「正宗担々麺」

小川町駅でいま食べておきたい!唸るラーメン「成都正宗担々麺 つじ田」の「正宗担々麺」

人気ラーメン店『つじ田』グループが待望の新ブランドをオープン。今回の店舗は担々麺の専門店で、鶏と豚の清湯をベースにした2つの味の担々麺を展開している。※ランチタイム有

成都正宗担々麺 つじ田(最寄駅:小川町駅)

食べきった後の達成感がクセになる!辛さが自慢の担々麺

1つは花椒の痺れとラー油の辛味を利かせたキレのある「成都式」。本場・中国で食べられているものに近い味付けで、酢の酸味も利いている。もう1つは、ゴマの芳醇な香りとコクを立たせた「正宗式」。こちらは、成都式に比べるとやや濃厚な味わいで日本風の担々麺といえる。どちらの担々麺も、中細ストレート麺の汁あり、もちっとした食感の太麺の汁なしから選べ、辛さレベルも0~6までお好みに合わせて選択ができる。標準の辛さはレベル3だが、かなり辛めの設定。痺れと辛さとの闘いを制して完食した後の達成感もひとしおだ。

正宗担々麺
880円

甜麺醤で調味した肉味噌はやや甘め。真っ赤なスープが白い丼に映える

成都式汁なし担々麺
880円

干しエビやキュウリ、ザーサイ、カシューナッツなどがのった「成都式汁なし担々麺」(880円)

麻婆豆腐(小丼)
300円

辛さ際立つ人気の「麻婆豆腐(小丼)」(300円)

成都正宗担々麺つじ田

[住所]東京都千代田区神田小川町3-2 サニービル1階
[TEL]03-5577-6366
[営業時間]11時~23時、土・日・祝~21時 ※スープがなくなり次第閉店
[休日]不定休
[アクセス]都営新宿線小川町駅B2出口から徒歩5分

電話番号 03-5577-6366
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 和食屋、ラーメン店、定食屋と経験した店主が、その魅力を忘れられずに再びラーメンの世界へ。有名ラーメン店で働いていた頃に生み出したというふたつの無化調担々麺を引っ提げて、専門店として新たなスタートを切った。
唐辛子9種類、香辛料9種類を使って作られる香り豊かなラー油。香りが飛ばないように毎日挽かれる花椒の痺れ。
テーマは“毎日食べたくなる担々麺”。濃厚ながらも重くなく、カラダにやさしい汁なし担々麺を提供する。
中華の経験を活かした“痺れ系”ラーメンの専門店で、“汁あり”、“汁なし”、夏は“冷やし”と3種の担々麺を展開する。定番の“汁あり”は、豚をメインにした厚みのあるスープ。
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
どこまでも深いスープにフルフルの豆腐、そこへ辛さの刺激が追っかける! 寒さ増すこの時期にピッタリの韓国鍋で体の中から温まろう。
船橋の『まるは』グループが、「日本近海の海の幸を使った鮮魚ラーメン」を引っ提げて東京に進出。割烹料理や大衆居酒屋も営むことから、市場との伝手を生かした、他店では食べられないような贅沢な一杯を目指す。
上質なスイーツはもちろん、ヴィエノワズリーも頂上レベルのこちら。この「パン・オ・レザン」は、ブリオッシュ生地にラムの香り豊かなレーズンが巻かれ、噛んだ瞬間からその甘美な世界にうっとり。
中華料理店として1962年に創業し、2代目の初博さんにより'75年に業態変更。それ以来、蕎麦と中華、オツなつまみが並ぶハイブリット系蕎麦店として愛されている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル