MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ヒデヨシ商店|横須賀にある“チューハイスタンド“に潜入せよ!(日本酒バー/汐入)

ヒデヨシ商店|横須賀にある“チューハイスタンド“に潜入せよ!(日本酒バー/汐入)

戦後すぐこの地に酒屋を構え、現在の店主になってからおよそ30年経つ。その間に今のような角打ちスタイルをとるようになったとか。

perm_media 《画像ギャラリー》ヒデヨシ商店|横須賀にある“チューハイスタンド“に潜入せよ!(日本酒バー/汐入)の画像をチェック! navigate_next

ヒデヨシ商店(最寄駅:汐入駅)

日本人の常連さんに聞くと、10〜15年前から外国人客が増えてきたそう。店内にたくさんあるメッセージ入りの1ドル札は、任期を終え、アメリカに帰国する際に貼られたもの。トイレは女性のみ店内、男性は外の公衆トイレを使用する。

(左)うめ(半合)+梅干し
340円+100円

(右)メロン(半合)
400円

レモン(一合)
390円

カウンターで焼酎と割り物がササッとグラスに注がれる。焼酎の濃さとは裏腹にゴクゴクと飲めた

青リンゴ(半合)
340円

ヒデヨシ商店

[交通アクセス]汐入駅から徒歩1分

2016年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
ジャパニーズモルトをメインに据えたバーだ。店主・高橋さんが国産にこだわる理由は至ってシンプル。ここが日本だからだ。
この店に行くと決めれば、普段よりもちょっとだけおしゃれをしようと思う。キッチン一体型のカウンター席に座ると、センスのいいBGMに混じって食材を切る音、炒める音が心地よく響いてくる。
店主・谷嶋さんは早大理工学部から大学院に進んで高分子化学を修め、化粧品会社の研究所に勤めた後、ウイスキー愛が高じてバーを開いた異色のバーテンダー。そんな香りのプロが日本ウイスキーの最高峰として推すのが「サントリーウイスキー 響21年」だ。
ウイスキーの新しい可能性を探るカクテル、“ウイスクテイル”を広めているのが、店主の静谷さん。日本に9人しかいないマスター・オブ・ウイスキーのひとりだ。
最新記事
えびせんべい「ゆかり」でおなじみの老舗『坂角総本舖』が、名古屋・栄の商業施設『ラシック』でイベントを実施。エビをふんだんに使ったカレーやパン、プリンが食べられます。そんなエビグルメを実食レポート!!
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
毎日ごはんを作るのがダルい、なんとかして手間なくおいしいものを食べられないか……そんな悩みに答えてくれるのがレシピ本。料理苦手&嫌いのライターが、今人気の料理コラムニスト・山本ゆりさんのレシピ本を使って実際に調理。悩みを解消できるか試してみました。
国民食として長く愛されている「カレーライス」。ここ数年は「スパイスカレー」が台頭し、ますます多様化。そんなカレーの最新店から初登場の老舗までご紹介。さらには、「キーマカレー」に、専門店以外のカレーも登場。スパイスの香りに誘われるが如く、ご覧ください。ほか、最旬インド&ネパール料理に、おとなのコーヒー特集もあります!
厳選された素材と丁寧な焙煎から生まれる健康茶は、お取り寄せも充実。クセがあり飲みにくい? いえ、大丈夫。スタッフが実際に試し、美味しかったものだけをご紹介します
get_app
ダウンロードする
キャンセル