MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
あめつち|季節の味わいにこだわっています(居酒屋/学芸大学)

あめつち|季節の味わいにこだわっています(居酒屋/学芸大学)

 古い民家風のガラス引き戸を開けると、8席だけの温かい空間が現れる。「帰宅前にほんの少しだけ飲みたい、という気持ちにしっくり来るお店です」と語るのは店主の土井さん。

あめつち(最寄駅:祐天寺、学芸大学駅)

小鉢で提供される肴は旬の食材により献立が変わり、四季を感じる一品になっている。白和えやおひたしなど素朴な家庭料理が中心だが、ひとつひとつに細やかな手仕事が効き舌がほっと休まる味。純米酒を中心とした日本酒の種類が豊富で、食事や好みに合わせて見繕ってくれる。

秋鮎の幽庵焼き
900円

店で漬けた幽庵焼きのサーモン。クセの無い純米生原酒の「義侠」(愛知県)を合わせることで口内で鮭の風味がさらに香り立つ

きのこの煮びたし
450円

針しょうがの味がぴりりと利いた「きのこの煮びたし」。
レンコンを縦に切り、パリッとした食感を楽しめる「蓮のきんぴら」

蓮のきんぴら
450円

あめつち

東京都目黒区中町1-35-7 ☎03-3712-1806 [営]18時~23時半(22時半LO、日~21時半LO) [休]月、第2・4火、祝は不定休 [席]カウンタ-8席のみ/全席禁煙/カード不可/予約可/お通し300円 [交]東急東横線祐天寺駅、学芸大学駅から徒歩12分

電話番号 03-3712-1806
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
赤と白、アナタはどちら?いえ紅白歌合戦ではありません、煮込みの味の種類のこと。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
巷では中国茶ブームだが、極上の烏龍茶でお茶割りを作ろうというのはナイスなアイデア! ここはそんなお茶割りの専門店。
小町通り脇の小路に佇むナチュラルワインと野菜料理の店。店主はレストランの厨房で働いた経験があり、サラダなど野菜の惣菜はもちろん、鶏レバームースや鴨のコンフィといった肉料理までレストランクオリティだ。
神保町の路地裏で、午後3時の開店から続々とお客さんがやって来る。しかも皆さんお勤め人風だから、昼飲みとはいえ雰囲気はなごやか。
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt