MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
おっさん女子の吉祥寺パトロール(7) 吉祥寺のナイスな雑居ビル飲食店の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(7) 吉祥寺のナイスな雑居ビル飲食店の件

 吉祥寺に自分好みの『ごはんビル』がないのが残念だが、好きな雑居ビルならある。  飲食店は1Fの路面店にあるほうが、店の中の様子もわかるし、入りやすいし、ベストだと思うんだけど、吉祥寺はあえての雑居ビル飲食店2F以上を推奨したい……。

おっさん女子が好きな、吉祥寺のナイスな雑居ビル飲食店の件

 飲食店は1Fの路面店にあるほうが、店の中の様子もわかるし、入りやすいし、ベストだと思うんだけど、吉祥寺はあえての雑居ビル飲食店2F以上を推奨したい。

 理由はいくつかあるけど、吉祥寺はテナントの家賃も高いし、1Fの路面店はやっぱり資金力のあるチェーン店になっちゃうのが現状。

 一方、雑居ビル飲食店2F以上は、個人経営でオーナーが自ら店に出ている場合も多くて個性的なのがいい!
 
 ちなみに私は銀座ベルビア館(飲食店テナント20店店舗くらい。しかし6月23日に、ここに銀座ロフトが入ったため混んでいそうだが……)と新宿NOWAビル(飲食店テナント8店舗くらい)を『ごはんビル』と勝手に呼び、店選びで悩んだら、場所だけ『ごはんビル』に決めて、その日空いていそうな店に入るという面倒くさがりのおっさん女子である。

イラスト/スタジヲワンツー


 吉祥寺に自分好みの『ごはんビル』がないのが残念だが、好きな雑居ビルならある。

 No.R kichijoji(旧キヨノビル)である。吉祥寺大通り沿いにあるんだけど、立地が最高で、窓の外から井の頭公園の緑が見える。意外にそういうシチュエーションの店って吉祥寺にないんだよね。

しかし超入りづらい。マジ、入りづらい。

 このビル自体が好きなので新しい飲食店が入ると、いつも勇気を振り絞って入るのだが、勇気を振り絞る必要もなかったなぁ、というケースも……(涙)。
 ここは1990年代中ごろからあると思うけど、1~7Fのテナントは相当入れ替わっていて、エステ、ネイルサロンなどが入っていた時もあったし、ビール専門店、夫婦で営む小料理屋、和風ダイニングバー、ショットバー、時間貸しのレンタルスペースなどなど……。


 人生いろいろ、お店もいろいろ。

 2017年夏現在、このビルには、バー、スナック、カレー&バーラウンジ、姫系ラウンジ(かなり謎&興味津々&未踏の地)など6店舗が入っている。

 私のイチオシは3Fにある『Bar Balança』。店名はスイングするっていう意味で、オーナー兼マスターはジャズミュージシャンである。
 しかし超入りづらくて、ない勇気を振り絞って最初は友達と夜お茶で入ってみて、さらに友達同伴で夕方に行ってお酒を1杯だけ飲んで、というプロセスを経て……。

 1人で入れるようになるのはいつかしら? こんなところで場所見知り&乙女マインドを露呈して恥ずかしいぞ……。

 店の中はおしゃれすぎず、ざっくばらんすぎず、落ち着いていて、夜は窓の外がとってもキレイ。

 夏はバーに入ったら必ずモヒートを飲むおっさん女子の私だが、ここの自家製モヒートは声を大にしておすすめしたい。

 なんとミントが自家製ね! 

 オーダーするとオーナーがドアの外にある鉢植えから摘んでくるの。しかも山盛り。

 オーガニックなゆるふわ女子が、鉢植えのミントを瞳をキラキラさせて摘んでくるのとワケが違うわよ。ジャズミュージシャンのシブいワイルド系男子がミントを摘んでくるのよ!

 私は目の前の井の頭公園から野草を採ってきたのかと思いました(ウソです)。それでモヒートも美味しい。だってミントが超フレッシュだからね! おつまみも種類が多い&シブい&ウマい。さらにカレーもあって、おなかも満たされるよ。

 あと、デ、デートで行ってもいいかもね……(汗)。


モヒートに限らず、旬のフルーツのカクテルなどお酒の種類も豊富。バー初心者でもジャズがわからなくても、くつろげるお店。文筆のプロ選定の古書販売「本棚屋」、その他月2回ジャズのライヴなど、いろんな企画を敢行中。

Bar Balança
東京都武蔵野市御殿山1-2-3 №R kichijoji3F 
http://balanca.blog137.fc2.com/









天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
梅雨時のスッキリしない天気&気分を盛り上げるには、やっぱり肉だろ!と思うワケです。 そこで今回は、カツだよ! 揚げ物だよ! テンション上がるよね。もちろんカロリーも……。 吉祥寺の、カツ事情について考えてみたぞ〜!
ある日、都会のカフェで“フラットホワイト”という珍しいコーヒーを飲みました。フラットホワイトとは、エスプレッソにスチームミルクを入れたもの。フラットホワイトは都会にしかないのか? グーグル先生に聞いたところ、吉祥寺もあることを発見……! さっそくチェキってみました〜。 
梅雨時の高温多湿の日本で今食べるなら、ベトナム料理だろ! というワケで、今回は、私が勝手に吉祥寺“新興ベトナム三角地帯”と呼んでいる、吉祥寺の丸井周辺地域のベトナム料理屋を紹介したいと思います……。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt