MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ジビエ猪鹿鳥(ジビエ料理/高円寺)|人気の「猪鍋」はバラ肉とモモロース肉の2種類

ジビエ猪鹿鳥(ジビエ料理/高円寺)|人気の「猪鍋」はバラ肉とモモロース肉の2種類

御年70歳の現役ハンターがひとりで切り盛りする。メニューに並ぶのは猪の焼き肉をはじめ、鹿のシチュー、真鴨や雉の串焼き、ステーキなど、店名通り“猪鹿鳥”のフルラインナップ。

perm_media 《画像ギャラリー》ジビエ猪鹿鳥(ジビエ料理/高円寺)|人気の「猪鍋」はバラ肉とモモロース肉の2種類の画像をチェック! navigate_next

ジビエ猪鹿鳥(最寄駅:高円寺駅)

通年人気の「猪鍋」はバラ肉とモモロース肉の2種類あり、どちらも日本酒とダシ、味噌を利かせたもの。猪肉はしっかり下処理され、臭みは一切なし。日本酒などと煮込まれることでさらにまろやかになり、ワインにも合う。ジビエに合うものを揃えたというワイン約27種類と供に堪能して。

猪鍋(バラ肉)
2500円

猪のバラ肉の他、ネギ、シメジ、シイタケ、エノキ、豆腐、シラタキ、里芋が入る。約2人前。モモロース肉の鍋は2800円

キジ胸肉串焼き
(1本)600円

取材時は長野県で獲れた雉を使用。味付けは塩コショウのみとシンプル。ひと口食べれば、ほどよい弾力と濃厚な味わいに驚かされる

鹿シチュー(フランスパン付)
1450円

隠し味に日本酒を加え、3~4日じっくり煮込んで仕上げる。味の染みた鹿スネ肉が美味

スピニフェックス・パピヨン(赤)
ボトル4900円

上品な旨み、脂身の甘みが絶品の猪バラ肉。「好きなお酒を飲んで」という店主だが、あえて選ぶなら果実味に溢れたチャーミングな味わいで後味スッキリのこの1本。重すぎないワインと合わせるのが◎。

ジビエ猪鹿鳥

東京都杉並区高円寺南3-58-2 好川ビル1階 ☎090-4249-4543 [営]18時~24時、土18時~23時 [休]日 [席]カウンター9席 計9席/禁煙席なし/予約可/カード不可/サなし、チャージ&お通し代1000円別 [交]JR中央線高円寺駅南口から徒歩2分

電話番号 090-4249-4543
2016年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369
東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階
三軒茶屋「三茶呑場 マルコ」は居酒屋のような雰囲気ながら、ひと手間かけた料理とお酒が楽しめる。米は店主の出身地・新潟県の三大コシヒカリブランドのひとつ「いわふね米」を使用。
池尻大橋エリアの和食店「池尻本店 おわん」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。
日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。
最新記事
酒田ラーメンの名店が、創業60年を機に姉妹都市の東京·三鷹市へ。スープは、煮干しとアゴの焼き干し、昆布でとった魚介ダシと、丸鶏とチャーシュー肉、野菜でとった動物スープを半量ずつ合わせたもので、澄んだ黄金色をしている。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
丼の中にあったかいスープ、上には野菜がどっさり。それをどけて持ち上げた麺からは湯気がふわ~っ。ハフハフしながら食べるタンメンは、どこか昭和を感じさせます。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる5杯をお届けします。
本誌でも! おと週WEBでも! 美味しいニュースで“日本を元気にします”宣言! 美味しいニュースを発信する「おとなの週末WEB」の注目度が高まっています。コロナ禍でも元気に過ごせるよう、ステイホームを楽しむためのステキなプレゼントをご用意! ふるってご応募ください。
創業130年以上の歴史におごることなく挑戦を惜しまない5代目の飯田さん。十数年前に考案した「かきあげあんかけ天丼」がじわじわ人気沸騰中だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル