MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
Hamburg Will 錦糸町店[旧店名 Mrs.Burg]魅惑のハンバーグのグルメ記事と写真(ハンバーグ/錦糸町)

Hamburg Will 錦糸町店[旧店名 Mrs.Burg]魅惑のハンバーグのグルメ記事と写真(ハンバーグ/錦糸町)

錦糸町エリアの「Mrs.Burg(ミセスバーグ)」の魅惑のハンバーグはガツン!というより、女性にも味わってほしい美味しさをと求めて行き着いた素材が岩中豚。あっさりした中にも肉の旨みと脂の甘みが、じんわり旨〜っと広がるようなハンバーグだ。

Hamburg Will 錦糸町店[旧店名 Mrs.Burg](最寄り駅:錦糸町駅)

ガツンと言うよりやさしい旨さの岩中豚100%バーグ

ジューシーな肩ロースをメインに、味わいの違う4種の部位を挽き方も変えて配合、焼き方にもこだわり旨みを閉じ込める。人気の柚子胡椒ソースなど3種のソース、温泉卵とも相性ばっちり。※ランチタイム有

モッツァレラチーズ
(ランチ・170g)1100円

パテの中にコクのあるチーズがとろーりと入った人気のバーグ。さっぱりした柚子胡椒ソースで。温泉卵にくぐらせれば、また違った楽しみも

パンチェッタベーコン
(ランチ・170g)1200円

岩中豚のベーコンをパテに巻いて焼き上げたバーグに、クリームマスタードのソースをチョイス。燻香と脂がプラスされ、ケッパーの酸味も利いたクリーミーな味わいがよく合う

Hamburg Will 錦糸町店

■『Hamburg Will 錦糸町店』
[住所]東京都墨田区太平4-6-17 シェグランほり川101 
[TEL]03-6658-8996 
[営]11時半〜15時(14時半LO)、17時半〜21時(20時LO) 
[休]無休 
[席]カウンター6席、テーブル18席 計24席/全席禁煙/予約夜のみ可/カード不可/サなし 
[交]地下鉄半蔵門線錦糸町駅4番出口から徒歩7分

電話番号 03-6658-8996
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
[鉄板焼 さとう]のランチには13時を過ぎると訪れる人多し。なぜなら、通常200gのハンバーグが300gに無料で増量できるからだ。[鉄板焼 さとう]の[交通アクセス]は 地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩5分
食材にこだわるご褒美昼メシなら「ラ・ブシュリー・近江」に決まり。何と言っても近江牛専門精肉店の直営だけに、牛肉はすべて一頭買いしている近江牛の処女牛を使う贅沢ぶりだ。
 肩が触れ合うような狭いカウンター席に、煙がモウモウと立ちこめる店内。この店を訪れる理由はただひとつ、絶品のラムを味わい尽くすためだ。
 ここの魅力は岩中豚を100%使用したパテの旨さ。肩ロースやハラミなど挽き方の異なる4種類の部位を巧みに合わせ、力強い味わいを実現している。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt