MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
やきとん 埼玉屋|赤ワインのコクが新鮮なホルモンを引きたてる(ホルモン/東十条)

やきとん 埼玉屋|赤ワインのコクが新鮮なホルモンを引きたてる(ホルモン/東十条)

ホルモンの「固い」「臭い」という思い込みを根底から覆してくれる店。カウンター席に着くと、店主のお任せで絶品の串が最高のタイミングで提供される。

やきとん 埼玉屋(最寄駅:東十条駅)

創業以来62年間継ぎ足した秘伝のタレ以外に、サルサソースをのせるシャモやエスカルゴバターを使うチレなどもあり、ホルモンの食べ方の可能性に感動されられるはず。串以外の副菜も手のこんだ一品が充実。ホッピーや焼酎だけでなく、ワインにも実によく合うものが揃っている。

焼きとん各種
160円

(レバ、アブラ、シロ、シャモ、チレ)
訪れる人すべてが驚く、新鮮なホルモン串。ヨーロッパ旅行などでヒントを得た、タレ以外の味付けで食べる串はやきとんの概念を広げる衝撃的な旨さ

ハツステーキ
600円

ニンニク、ベーコン、オリーブオイルで味付けされたハツステーキ。臭みゼロ、ぷりぷりのハツがひたったオイルは、最後の一滴まで残せない! パン(70円)を使い最後までたいらげよう

ポルコ
350円

「ポルコ」とは、豚の耳のスライスをニンニク、オリーブオイル、コショウ、その他企業秘密の味付けで和えたもの。この香り高いオイルに串焼きを付けて食べればワインがぐいぐい進む

秩父ワイン 源作印ワイン(赤)
ボトル 1200円

飲みきれるように720mlの小さなボトルを提供。しっかりとした渋味がありながらも、かつさわやかな後味。重すぎず軽すぎず、香りの強いオリーブオイルやホルモンの濃厚な味を引き立てる飲み口だ。

やきとん 埼玉屋

[住所]東京都北区東十条2-5-12 [TEL]03-3911-5843 [営業時間]16時〜21時半(土は、一回転のお客で満席次第終了) [休日]日・祝 [席]4席×3卓、カウンター19席 計31席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サ・お通しなし [交通アクセス]JR京浜東北線東十条駅南口から徒歩4分

電話番号 03-3911-5843
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
路地裏の名店とは、まさにこの店のこと。『ホルモン焼 柳』は超新鮮な国産ホルモンをウリに、20年間営業を続けてきた。
精肉店で10年働いた経験を持つ店主が厳選するホルモンを、多彩な料理で提供。良いもののみを仕入れるため欠品もあるが、本当に旨いものが並ぶ。
[もつやき ばん]のグルメ記事と写真のページ。レモンサワー初心者におすすめしたい“発祥の店”である。60年代、そのスタイルとネーミングはこの店がまだ中目黒にあったときに確立した。[交通アクセス]東急東横線祐天寺駅東口から徒歩6分
[焼肉ホルモン龍の巣]のグルメ記事と写真のページ。肉屋直営の強みを生かし、全国から仕入れたホルモンをすぐさま店舗へ直送。丁寧に下処理した鮮度抜群のホルモンをリーズナブルな価格で提供する。[交通アクセス]地下鉄副都心線ほか新宿三丁目駅C6出口から徒歩1分
[炭火家 おだづもっこ]のグルメ記事と写真のページ。気仙沼出身の店主が切り盛りする居酒屋。炭火でふっくら焼き上げた串焼きをはじめ、メニューが充実。[交通アクセス]JR中央線高円寺駅北口から徒歩5分
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt