MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ボノカーサ|ジョッキワインで乾杯!注目のモツイタリアン(バル/新橋)

ボノカーサ|ジョッキワインで乾杯!注目のモツイタリアン(バル/新橋)

モツ料理が得意な注目の「トリッぺリア」。その日捌いた新鮮な牛・豚のモツを仕入れ、シェフ歴25年の料理長があらゆる手法で絶品イタリアンに変化させる。

perm_media 《画像ギャラリー》ボノカーサ|ジョッキワインで乾杯!注目のモツイタリアン(バル/新橋)の画像をチェック! navigate_next

ボノカーサ(最寄駅:新橋駅)

牛ハラミのタリアータなど定番はもとより、煎餅のようにカリカリに焼いたハチノスのつまみや豚ホルモンをソースにしたラザニアなど、どれを選んでも目からウロコのモツの魅力を発見。自然派ワインのほか、がぶ飲みできるジョッキワインなど遊び心あふれるメニューも満載だ。

牛トリッパのカリカリ焼き~ジェノベーゼ~
920円

生のハチノスを下処理して香味野菜と一緒に計3~4時間煮込み、煉瓦を重石にして水分を飛ばしながらカリカリに焼く。バジルのソースと相性がいい。

牛ハラミのタリアータ(150g)
1680円

クセがなく淡泊な旨みのハラミ。塊肉をフライパンで焼いてからオーブンでローストし、少し寝かせて火を通す。レモンとパルミジャーノチーズを添えて。蒸し焼きにした付け合わせの野菜も美味

豚ホルモンとキノコのラザニア~クミン風味~
1180円

豚の小腸や大腸、レバーなどフレッシュなモツを使ったソースで作る。風味豊かで食感も楽しい

プチルミエール (白)
ジョッキ&氷入りで590円

前菜の焼きトリッパには、さっぱりとした飲み口の白ワインをキリリと冷やして最初の一杯に。写真は山梨県産のスッキリと軽快なタイプで、イタリア料理やフランス料理はもちろん和食にも合う万能の味わい。

ボノカーサ

東京都港区新橋3-9-3 水野店舗1階 ☎03-6452-9727 [営]17時~23時半(22時半LO) [休]年末年始 [席]1階カウンター8席、2階テーブル20席、計28席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し300円別 [交]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩3分

電話番号 03-6452-9727
2016年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ああ、体が肉を欲してる! そんな日はこの店へ。人気のグリル盛り合わせは、ひと皿に黒毛和牛、銘柄豚、和牛ハツ(たまに鶏肉!)と肉、肉、肉のオンパレード。
2020年12月7日にオープンした『ebisu NUKA factory.』は、様々な素材を使った“恵比寿ぬか漬け”が楽しめるお店。お酒も含めて健康志向なメニューが揃い踏み!!
カレーは、チキン、ラムキーマビンダル、サメ、チャナマサラ(ひよこ豆)に月替り限定の5種類。ジャスミン米を使ったライスともども、いずれも香りよくスパイシーながらさらさらっとライトで、ビール、ワイン、焼酎、日本酒、どれにも合う! 
おとなの街・神楽坂の路地裏「かくれんぼ横丁」に浮かぶネオンの看板。ここは地元の八百屋『神楽坂野菜計画』と、農家から直送される果物を使ったサワーが飲める店だ。
店主の新さんは大塚の名店『カッチャルバッチャル』などで腕を振るい、独立して今春このスパイスバルを開店。すでにカレーマニアやスパイス愛好家の間で大きな話題になっている。
最新記事
店主・岸本香奈子さんが以前働いていたイタリアンレストランのデザートで人気だったチーズケーキ。レストラン閉店に伴い、岸本さんはこのケーキを引き継ぎたい、とこの店をオープンした。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
5回に渡って愛知からお伝えしてきた、この夏おすすめの極上の“冷んやり体験”。最後は、豊田市の山間部、旭地区に位置する『カントリーレストラン 渓流荘』を紹介しよう。
名古屋めしで欠かせないもののひとつといえば、きしめん。中でも暑い夏には、地元の人が“きしころ”と呼ぶ、冷やしきしめんがおすすめだ。大正12年創業。数々ある店の中でも美味しさに定評のある『宮きしめん』で味わうべく、店舗のある熱田神宮を訪れた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル