MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ポークストック|自然の中で元気に育った肝付豚を炭火焼きで(ビストロ/東十条)

ポークストック|自然の中で元気に育った肝付豚を炭火焼きで(ビストロ/東十条)

鹿児島県の『えこふぁーむ』で自然放牧された「肝付豚」の魅力を余すところなく堪能できる店。ほぼ市場に出回らない希少な品種だが、店主の諸橋さんと生産者との信頼関係で月1頭分の仕入れを確保している。※ランチタイム有

ポークストック(最寄駅:東十条駅)

部位ごとに違う肉質を直球で味わうなら、やはり炭火焼きに限るだろう。モモ肉は噛むほどに旨みが押し寄せ、じわじわと口に広がる肉汁の甘さは天然のうま味調味料だ。ワインは自然派で飲み心地のいいものを揃えている。

炭火焼 放牧肝付豚モモ
1404円

写真は「ひうち」と呼ばれる外モモに付属する部位で、繊維が緻密で肉と脂身のバランスがいい。希少なので日によってメニューにない場合も。炭火で丁寧に焼いて休ませて、を繰り返し、ゆっくり30分以上かけてジューシーに仕上げる。香り豊かで甘みがある

完全放牧肝付豚のハンバーガー
648円

「肝付豚」100%のパティと自家製バンズのバーガー。各部位の端肉を店内で挽き肉にして仕込み、炭火で焼く。肉本来の味を邪魔しないよう甘さ控えめのトマトソースも手作りだ

温野菜
1080円

埼玉など契約農家から仕入れる旬の温野菜。鶏のダシをベースにしたソースで味わう

ベレ・フロッグ バイ・ラ・カルノグ(赤)
ボトル 4104円

シンプルな味付けの炭火焼きの豚肉には、濃すぎないフルーティーな赤ワインがおすすめ。写真のフランス産は果実とスパイスの香り、程よい渋みもあり、豚肉の香りや脂身の旨みを引き立ててくれる。

ポークストック

[住所]東京都北区中十条3-16-7 [TEL]03-3908-2297 [営業時間]12時~14時、18時~22時LO [休日]日、ほか不定休 [席]カウンター4席、テーブル12席、計16席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード可(1人5400円以上の注文時)/サなし、お通し540円別 [交通アクセス]JR京浜東北線東十条駅北口から徒歩1分

電話番号 03-3908-2297
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
道玄坂から神泉駅に向かう通り沿いにある、古い一軒家を改築したビストロだ。メニューには広島・岡山を中心とした備後地方の食材をふんだんに使用した料理が並んでいる。
皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。
「ガンゲット」とはビストロよりも気安い酒場のこと。かしこまらずに食べられるが、料理はクラシックなビストロメニューを揃えている。
ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。
 かつて神保町で氷屋を営んでいた民家を、9年前ビストロに改装。築72年になる昭和の建物をあえて残し、“晩ご飯の香りが漂う夕暮れに、自宅へと急ぎたくなるような”雰囲気を体現したという。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt