MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
撮り鉄の「食」の思い出(7) 日本一の町、「ふるさと銀河線足寄駅跡」前で、驚きのヒツジ料理が味わえる「ヒツジ堂」/1989年

撮り鉄の「食」の思い出(7) 日本一の町、「ふるさと銀河線足寄駅跡」前で、驚きのヒツジ料理が味わえる「ヒツジ堂」/1989年

松山千春さんが「人口よりもウシの多い町」と言う足寄は、日本一「面積の広い町」。残念なことに、廃線になってしまった足寄駅跡は、今では道の駅になっていて、その目の前に私のとっておきのレストラン、「ヒツジ堂」があります……。

日本一の町、「ふるさと銀河線足寄駅跡」前で、驚きのヒツジ料理が味わえる「ヒツジ堂」/1989年撮影

 北海道ちほく鉄道が廃止になって10年以上が経ちました。

 その足寄駅跡近くにあるのが、私のとっておきのレストラン「ヒツジ堂」。

 羊牧場直営のお店です。

 足寄といえば、松山千春さんが「人口よりもウシの多い町」と言っていましたが、
 今でも「町」として日本一の面積を誇る広大な町です。

[当時走っていた列車は、白い気動車で運転されていた。(1989年撮影)]

[ちほく鉄道開業時の足寄駅、懐かしい様子の駅だった。(1989年撮影)]




 かつて足寄を通っていた鉄道は国鉄地北線から転換した第3セクター鉄道「北海道ちほく鉄道ふるさと銀河線」が走っていました。

 これもまた全長140キロもあって、第3セクター最長とスケールの大きな鉄道です。

 北海道ちほく鉄道が第3セクターに転換した1989年ごろ、ちょうど初めての写真集を出してもらえることになりました。写真集のテーマが「第3セクター鉄道」で、この時期に何度も足寄を訪れていました。

 とにかく「広い」印象のエリアで、見渡す限りの畑や牧草地を走る小さなディーゼルカーを夢中になって撮影。本が出た後もときどき訪れていたのですが、残念ながら2006年に全線が廃止になってしまいました。

2006年に廃止になった北海道ちほく鉄道ふるさと銀河線、広々とした風景の中を走る列車だった(1989年撮影)




 ちょうどそのころ私が、鉄道と並行して撮影を始めたのが「日本のひつじ牧場」の写真です。

 そしてあの、足寄駅跡から山に向かった丘陵地に「石田めん羊牧場」がありました。

 緑輝く丘にたくさんの羊が草を食む姿に魅せられて、毎年のように撮影をさせていただいているこの牧場で生産した肉を使う、直営のレストラン「ヒツジ堂」ができたのが4年ほど前のこと。
 

現在道の駅になっている足寄駅跡にあるバス待合所、昔の駅を再現したデザインになっている。


 足寄駅の跡は今では道の駅になって旅人の憩いの場になっています。駐車場にあるバス待合所は、ちほく鉄道時代の駅舎のイメージで作られて懐かしい様子になっていました。

 この道の駅の目の前に「ヒツジ堂」があります。

 小さな羊の看板を見ながら店に入ります。

 メニューはその時々で変わるのですが、石田めん羊牧場の羊と十勝を中心とした北海道のおいしい食材を使っています。

 たいていのレストランで羊メニューを見るとほとんどが「ラム」なのですが、さすがに牧場直営! レバーのカツや、内臓のトリッパなども並んでいます。

 ローストも、「マトン」のときもあります。

 この「マトン」、ジンギスカンのイメージかたすると、硬くて匂いが強いと思いがちですが、いざ食べてみると香りや味が濃くて、素晴らしい火の通し方で、気持ちの良い食感で食べることができます。

 定番メニューのほかにも、その日入荷した肉によって、カルパッチョやイタリア料理の前菜ブルスケッタなどがあって楽しいです。

 料金は変動しますが、ランチで1000円前後、ディナーで3000~4000円です。この料理にしてこの値段!と驚きました。

[2016年に食べた羊ロースのグリル。絶妙の焼き加減で赤みのコクと脂身の香ばしさがすごい!]

[羊のレバーカツ、濃厚なレバーの味が楽しめる]

[今年食べた羊ロースのカルパッチョ。じわっと広がる爽やかな羊の香りがたまらない!]

[今年のメインは羊のグリル。「羊ってやっぱりおいしいなぁ」と思わせる一品]



 ジンギスカンなどのおなじみのヒツジ料理も、もちろん美味しいのですが、「ヒツジってこんなに美味しいんだ!!」と思わせてくれるお店です。

 気軽に行ける場所ではないのですが、北海道旅行を計画するときには、ぜひ行ってみてください。

 なお、席は地元の方で埋まることが多いので、事前に電話予約がおすすめです。


足寄の道の駅から車で10分ほどのところにある「石田めん羊牧場」、直営のお店が「ヒツジ堂」。
石田めん羊牧場(ヒツジ堂)
http://www.ishida-sheep-farm.com/

※石田めん羊牧場は観光牧場ではありません。無断での立ち入りはしないでください。



 さて、このヒツジ堂に最近追加されたメニューが「羊乳から作ったチーズの盛り合わせ」です。このメニューについては次回。




佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”。初めて鉄道写真を撮った小学生のころから約50年。鉄道カメラマンなのに、列車に乗ると走るシーンを撮影しにくいので、撮影の8割はクルマで移動。そんなワケで1年のかなりの期間をクルマで生活しています。ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。



 主な著作に「富士鉄」(講談社)「新幹線ぴあ」(ぴあMOOK)「鉄道ムービー入門」(玄光社)「ひつじがすき」(山と溪谷社)など多数、映像集に「感動の美景鉄道」(MAXAM)「日本の新幹線・特急」(シンフォレスト)など、担当番組に「素晴らしき日本・鉄道の旅」(BS-TBS)など

このグルメ記事のライター
佐々倉実@まとメシ

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
近年、富山観光がクローズアップされたのは、なんといっても2015年の北陸新幹線金沢延伸のとき。東京駅から富山駅までは、最速2時間8分。  ということで今回は、東京から身近になった富山県の昆布締めのお話です。 「富山の人は、魚でも野菜でも、なんでも昆布締めにするから」というお話しをもとに、いろいろ調べてみました……。
初夏が近づいてくると行きたくなるのが富山県の鉄道です。 地元では「地鉄(ちてつ)」と呼ばれている富山地方鉄道。 沿線の風景も美しくて、平野を走る区間では立山連峰を眺めて走り、山に分け入れば渓谷も見ることができる観光鉄道でもあります……。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
土讃線は香川県の多度津駅から徳島県西部を経由して高知県の窪川駅を結ぶ路線。 このなかでも難所になっているのが徳島県の吉野川に沿う山間部で、特に険しく景勝地として知られているのが大歩危・小歩危(おおぼけ、こぼけ)です。 この区間では1997年から2017年までの20年間、風景を楽しむトロッコ列車が走っていました……。
撮影に出かけられない今、北海道の根室線沿線にある羊牧場から譲っていただいた羊肉を、たっぷり時間をかけて料理しました。その第2弾、羊メニューが満載です!
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt