MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
名古屋エリア限定グルメ情報(9) からあげも! レモンサワーも! 旨いだけでなく、身体にもよい発酵食品がテーマの居酒屋

名古屋エリア限定グルメ情報(9) からあげも! レモンサワーも! 旨いだけでなく、身体にもよい発酵食品がテーマの居酒屋

愛知県岡崎市の八丁味噌や碧南市の白醤油、みりん、半田市の酢など愛知県は古くから醸造業が盛ん。江戸時代、それらは知多半島から船で江戸に運ばれて、寿司の酢や蕎麦つゆのみりんに用いられたのである。つまり、愛知県産の調味料がなければ、江戸前の食文化は成立しなかったのだ……。

perm_media 《画像ギャラリー》名古屋エリア限定グルメ情報(9) からあげも! レモンサワーも! 旨いだけでなく、身体にもよい発酵食品がテーマの居酒屋の画像をチェック! navigate_next

からあげも! レモンサワーも! 旨いだけでなく、身体にもよい発酵食品がテーマの居酒屋/名古屋エリア限定グルメ情報(9)

 愛知県岡崎市の八丁味噌や碧南市の白醤油、みりん、半田市の酢など愛知県は古くから醸造業が盛ん。

 江戸時代、それらは知多半島から船で江戸に運ばれて、寿司の酢や蕎麦つゆのみりんに用いられたのである。

 つまり、愛知県産の調味料がなければ、江戸前の食文化は成立しなかったのだ。

 名古屋人の私としてはハナ高々である。



 そんな愛知県の醸造文化に着目し、今年7月、柳橋中央市場の近くにオープンしたのが『醸しメシ かもし酒 糀や』。

 ここでは、自家製の塩麹や醤油糀、ヨーグルトのほか、厳選した味噌や醤油、みりんなど発酵食品を使った料理が楽しめる。



「私自身、塩麹を使った料理にハマって、ついには自分で塩麹を作りました。瀬戸内海の藻塩がベースですが、市販のものとは比べものにならないほど美味しかったんです。この塩麹を使った料理が出せないかと思ったのがきっかけです」と、語るのは、マネジャーの佐藤正和さん。



 メニューは、巷の居酒屋でよく見かけるものばかりだが、すべてに発酵食品が用いられている。

 たとえば、「発酵五種ポテトサラダ」(580円)。
 その名の通り、アンチョビとヨーグルト、チーズ、塩漬けにした大豆を発酵させて干した豆豉(トーチ)、乳酸発酵させた北欧ピクルスの5種類の発酵食品が入っている。

「ポテトサラダにヨーグルトを加えると、マヨネーズの量を抑えることができます。ヘルシーですが、豆豉やチーズが味に深みを与えます」(佐藤さん)


 発酵食品がそれぞれケンカすることなく、見事に調和している。

 こんな合わせ技ができるのも発酵食品ならではだろう。

 ジャガイモの旨みを引き出しているだけでなく、佐藤さんの言う通り、味に深みを感じる。




 ここの真骨頂は、発酵食品を使った鶏肉料理。

「国産若鶏の菌肉からあげ」(780円)は塩麹に漬け込んだ若鶏のもも肉を米油で揚げた一品。
驚くほどやわらかく、ジューシーな肉汁がほとばしる。こりゃ旨い!

 カレー塩で食べると、なお旨い!



 佐藤さんの自信作は、「発酵やきとり」(2本700円)。

「塩麹と石川県奥能登産の魚醤『いしる』でマリネした鶏むね肉を使っています。むね肉は焼くとパサつきますが、塩麹と『いしる』によって、しっとりとした食感に仕上がっています。また、冷めても美味しく召し上がれます」(佐藤さん)とか。



 これらのメニューとともに楽しみたいのは、「酵素レモンサワー」(600円)。

 皮を剥いたレモンを3ヵ月以上漬けた焼酎と、レモンと砂糖と麹で発酵させた酵素レモンシロップで作ってあり、レモン本来の自然な味わいが楽しめる。

 塩麹や醤油麹は何年か前に大ブームとなった。

 最近では、甘酒や塩レモンが注目を集めている。

 ここの客層のメインは流行りモノ好きな女子と思われるかもしれないが、健康を意識している中年男性が多いという。そりゃそうだ。アラフィフの私にとってもど真ん中なのだから。




■醸しメシ かもし酒 糀や
[住所]愛知県名古屋市中村区名駅4-13-3
[TEL]052-561-0850
[営業時間]11時半~14時(13時半L.O.)、17時~23時(22時半L.O.)※土は15時~23時(22時半L.O.)
[休日]日、祝





永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@おとなの週末

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
50歳を過ぎると、コッテリ系のラーメンを受け付けなくなる。町中華で食べるような、アッサリ系のラーメンを探すも、なかなか美味しい店に巡り合うことがない。 そんななか、愛知県三河地方に出張へ行ったある日、見つけてしまったのである。50歳過ぎのおっさんが心の底から求めていた、究極のアッサリ系ラーメンを……!
新型コロナウィルスの影響で、コロナ禍でオープンした店は、コンセプトにまずテイクアウトありきでメニューの構成を考えている。2020年11月、名鉄瀬戸線清水駅前にオープンしたばかりの『すし 葵』もその一つ。 イートインでも、テイクアウトでも、日常使いにぴったりのリーズナブルな寿司店として、この店を紹介しよう。
友達や仲間、恋人とお酒を楽しむのもイイが、がんばって仕事をした後や、なにか考え事をしたいときに、フラッと1人でバーへ立ち寄りたい。 バー応援企画、最終回となる今回は1人飲みにぴったりのバーを紹介しよう。
お酒を飲んでいると、口休めに甘いものを食べて口の中をリセットしたくなることはないだろうか?パフェやアイスクリームのような重たいものではなく、フルーツなどあっさりしたものを欲してしまう。バー応援企画の第2回目は、そんなときにオススメの店を紹介しよう。
新型コロナの新規感染者が減少し、ひと頃と比べると、名古屋の街にも活気が戻ってきたように見える。しかし、まだまだ客足が遠のいたままの業種がある。それがバーだ。そこで今回は、名古屋市内のバーの応援企画として、私、永谷正樹がオススメするバーを全3回にわたって紹介しよう。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル