MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ヘルシーな美容食!ワインと一緒に和ジビエを喰らう!(ジビエ/東京)

ヘルシーな美容食!ワインと一緒に和ジビエを喰らう!(ジビエ/東京)

最近、ジビエ肉が食べられる店をあちらこちらで見かけます。しかも、ワインと合わせる店が多いんです。そのなかでも、お肉もワインも美味しい店を覆面調査。ここなら間違いない!という店をご紹介します。

鹿、猪、雉、鴨、兎、熊……美味なるジビエに開眼

 ジビエ×ワインを担当したのはライター松田有美(以下松)。担当編集の戎さん(以下戎)と共に、まずは七輪で炙る焼き肉スタイルの『焼ジビエ 罠 炭打中目黒』へ。

天然鹿セット、天然猪セット 各1129円

おすすめの鹿と猪のセットを頼むと、ロースやモモ肉など3種ずつのった皿が目の前に。鹿ロース肉を網にのせ、両面に香ばしい焼き色がついたらパクリ。適度に脂がのり、でも全体的に優しい味で美味しい。

「猪のモモ肉、激ウマ!」

 どれどれ? 噛むごとに旨みが増して、これはすごい。グラスワインを頼むと、一升瓶をグラスの縁までたっぷり注いでくれるのもポイントが高い! 勢いで頼んだ「月の輪熊」(1129円)も濃厚でまったく臭みがなく、クセになる味だった。次はヒグマに挑戦します!




 2軒目は高円寺の『ジビエ猪鹿鳥』

猪鍋(バラ肉) 2500円

メニューは見事にジビエばっかり! どんどん注文するゾ。雉胸肉の串焼きは脂がのって美味。鹿シチューもまろやかな味で、これがしっかりめの白ワインにピタリとハマった。そしてメインの猪鍋(バラ肉)

「ダシ、日本酒、味噌と和の味付けですが、猪の味がしっかりして軽めの赤と合いますね」

 現役ハンターでもある店主の狩猟話もかなりの面白さ。カウンターのみなので、行く前に電話するのがおすすめです。




ラストは中目黒の『ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ』

熟成肉の炭火焼き盛り合わせ 7000円~(2人前)

店に入ると、目の前に肉が吊るされた熟成庫が! 牛肉は見たことあるけど、ジビエは初めて。ここでノックアウトされたのはメインの猪と鹿肉の炭火焼き。

「すごく瑞々しい鹿肉ですね。ここまで柔らかい肉質のものは初めてかもしれません」

 断面が真っ赤で見るからにレアだが、まったく血生臭くない。むしろ十分焼いて旨みが増した肉だ。猪のモモ肉も淡いピンク色が美しく、あの猛々しい外見からは想像もできないほど洗練された味わい。もう、この美味しさに恋してしまいそうです!

 それにしてもジビエってこんなに美味しかったっけ? 取材してわかったのは、獲物を仕留めた直後の血抜きや内臓の処理、肉の部位や個体ごとの熟成方法など、どんどんレベルアップしているということ。ヘルシーな美容食でもあるジビエを、ぜひワインと一緒にお試しあれ!

今回の記事の店舗情報

焼ジビエ 罠 炭打 中目黒

ジビエ猪鹿鳥

ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1070views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
20152views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
駒沢のワインバー『Centro Storico』で評判だった鯛ラーメンが専門店に。修業先であるイタリアの星付きレストランで覚えた“真鯛のパスタ” を基に、イタリアンの技法や発想をちりばめたかつてない鯛ラーメンを完成させた。
暑さが増すと、つい手を伸ばしたくなるアイスクリーム。果物やミルクなど素材の良さを活かした逸品を集めました。どれも特別感のある味わいです。ご自宅でくつろぎながら楽しみませんか。ギフトとしてもおすすめです。
140views お取り寄せ
殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt