MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ヘルシーな美容食!ワインと一緒に和ジビエを喰らう!(ジビエ/東京)

ヘルシーな美容食!ワインと一緒に和ジビエを喰らう!(ジビエ/東京)

最近、ジビエ肉が食べられる店をあちらこちらで見かけます。しかも、ワインと合わせる店が多いんです。そのなかでも、お肉もワインも美味しい店を覆面調査。ここなら間違いない!という店をご紹介します。

perm_media 《画像ギャラリー》ヘルシーな美容食!ワインと一緒に和ジビエを喰らう!(ジビエ/東京)の画像をチェック! navigate_next

鹿、猪、雉、鴨、兎、熊……美味なるジビエに開眼

 ジビエ×ワインを担当したのはライター松田有美(以下松)。担当編集の戎さん(以下戎)と共に、まずは七輪で炙る焼き肉スタイルの『焼ジビエ 罠 炭打中目黒』へ。

天然鹿セット、天然猪セット 各1129円

おすすめの鹿と猪のセットを頼むと、ロースやモモ肉など3種ずつのった皿が目の前に。鹿ロース肉を網にのせ、両面に香ばしい焼き色がついたらパクリ。適度に脂がのり、でも全体的に優しい味で美味しい。

「猪のモモ肉、激ウマ!」

 どれどれ? 噛むごとに旨みが増して、これはすごい。グラスワインを頼むと、一升瓶をグラスの縁までたっぷり注いでくれるのもポイントが高い! 勢いで頼んだ「月の輪熊」(1129円)も濃厚でまったく臭みがなく、クセになる味だった。次はヒグマに挑戦します!




 2軒目は高円寺の『ジビエ猪鹿鳥』

猪鍋(バラ肉) 2500円

メニューは見事にジビエばっかり! どんどん注文するゾ。雉胸肉の串焼きは脂がのって美味。鹿シチューもまろやかな味で、これがしっかりめの白ワインにピタリとハマった。そしてメインの猪鍋(バラ肉)

「ダシ、日本酒、味噌と和の味付けですが、猪の味がしっかりして軽めの赤と合いますね」

 現役ハンターでもある店主の狩猟話もかなりの面白さ。カウンターのみなので、行く前に電話するのがおすすめです。




ラストは中目黒の『ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ』

熟成肉の炭火焼き盛り合わせ 7000円~(2人前)

店に入ると、目の前に肉が吊るされた熟成庫が! 牛肉は見たことあるけど、ジビエは初めて。ここでノックアウトされたのはメインの猪と鹿肉の炭火焼き。

「すごく瑞々しい鹿肉ですね。ここまで柔らかい肉質のものは初めてかもしれません」

 断面が真っ赤で見るからにレアだが、まったく血生臭くない。むしろ十分焼いて旨みが増した肉だ。猪のモモ肉も淡いピンク色が美しく、あの猛々しい外見からは想像もできないほど洗練された味わい。もう、この美味しさに恋してしまいそうです!

 それにしてもジビエってこんなに美味しかったっけ? 取材してわかったのは、獲物を仕留めた直後の血抜きや内臓の処理、肉の部位や個体ごとの熟成方法など、どんどんレベルアップしているということ。ヘルシーな美容食でもあるジビエを、ぜひワインと一緒にお試しあれ!

今回の記事の店舗情報

焼ジビエ 罠 炭打 中目黒

ジビエ猪鹿鳥

ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
道を究めた一流の料理人と、日本を代表する美容業界社長という、異業種の組み合わせで語り合う本企画。第3回目となる今回は、天ぷら界随一の理論派でもある近藤文夫さんをフォーカス。対する高級化粧品会社社長・小林章一さん、実は“天ぷらNG”の前情報もあり、ビジネス談義以外も見所満載。 果たしてふたりの会話の行方は如何に、そして小林社長は天ぷら開眼なるか!?
最新記事
日本在住のロンドンっ子たちの間で話題になっているお店が表参道にオープン。その名は『リナストアズ』。ロンドンのソーホー地区で1944年に創業し、今もなお人気を誇るイタリアンデリカテッセン&レストランです。英国外初の出店となる1号店に伺いました。
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル