MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
[車海老専科 天麩羅 手一束] 天ぷらの千両役者”車エビ”を味わう(天ぷら/新橋)

[車海老専科 天麩羅 手一束] 天ぷらの千両役者”車エビ”を味わう(天ぷら/新橋)

新橋エリアの天ぷら店[車海老専科 天麩羅 手一束(ていっそく)]のグルメ記事と写真のページ。サイマキとは、寿司屋や天ぷら屋が好んで使う小ぶりなサイズの車エビ。高級食材だが、この店ではコースに追加すると1尾150円という原価で食べられる。[アクセス]JR新橋駅烏森出口から徒歩8分

車海老専科 天麩羅 手一束(最寄駅:新橋駅)

イカを食べて育ったという車エビは身が甘くプリッとした弾力が特徴。さらに「ヤワラ」と呼ばれる希少な脱皮直後の車エビもあり、別料金で味わえる。 ドリンクは持ち込みOK(1本1500円)という気安さ。高級なイメージのカウンター天ぷらだが、これなら思う存分飲んで食べても懐が痛まない。

おまかせコース
3000円

噛めば甘みが口中に広がる

小鉢

日替わりの小鉢

さつまいも

なるときんときは皮はカリカリ、身はほこほこになるように別々に揚げる

きす

しっとり身が柔らか

掻揚丼(小)

〆はひと口サイズ。おまかせコースはサイマキ2尾、魚1種、野菜4種、小鉢、掻揚丼、アイスの天婦羅のほかご飯と味噌汁を頼める

車海老専科 天麩羅 手一束の店舗情報

東京都港区新橋5-5-5 1階 ☎03-6721-5945 [営]11時半〜13時半、17時〜21時半(20時半LO) ※年内は土曜も営業 [休]日・祝 [席]カウンター10席/全席禁煙/夜は予約可/カード可(JCB、ダイナース不可) /サなし、お通し代なし [交]JR新橋駅烏森出口から徒歩8分

電話番号 03-6721-5945
2016年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カウンターで揚げたてが提供される天婦羅ランチが1500円。銀座の中心地とは思えない手頃な価格は、「小さい店舗で、多くの人に来ていただけるよう席の間隔を狭くしたり、市場に通って安くていい魚を探したりしているから」という二代目店主の奥村仁さん。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
明太子の名店、福岡の『やまや』が営む天ぷら店。全席に揚げたてが運ばれる博多スタイルを踏襲し、東京ではあまり見かけない鶏肉の天ぷらが食べられる。
明るく丁寧な接客が評判の天ぷら屋。加藤料理長のモットーは「料理を作るのは、幸せを作るのと同じこと」。
「てんぷら 山の上」で評判の“天ばら”(かき揚げをほぐし、ご飯と和えたもの)を海苔巻きにしたこの逸品は、銀座店のみで購入可能。かき揚げの具材はホタテ、車エビ、季節の野菜。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt