MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[車海老専科 天麩羅 手一束] 天ぷらの千両役者”車エビ”を味わう(天ぷら/新橋)

[車海老専科 天麩羅 手一束] 天ぷらの千両役者”車エビ”を味わう(天ぷら/新橋)

新橋エリアの天ぷら店[車海老専科 天麩羅 手一束(ていっそく)]のグルメ記事と写真のページ。サイマキとは、寿司屋や天ぷら屋が好んで使う小ぶりなサイズの車エビ。高級食材だが、この店ではコースに追加すると1尾150円という原価で食べられる。[アクセス]JR新橋駅烏森出口から徒歩8分

perm_media 《画像ギャラリー》[車海老専科 天麩羅 手一束] 天ぷらの千両役者”車エビ”を味わう(天ぷら/新橋)の画像をチェック! navigate_next

車海老専科 天麩羅 手一束(最寄駅:新橋駅)

イカを食べて育ったという車エビは身が甘くプリッとした弾力が特徴。さらに「ヤワラ」と呼ばれる希少な脱皮直後の車エビもあり、別料金で味わえる。 ドリンクは持ち込みOK(1本1500円)という気安さ。高級なイメージのカウンター天ぷらだが、これなら思う存分飲んで食べても懐が痛まない。

おまかせコース
3000円

噛めば甘みが口中に広がる

小鉢

日替わりの小鉢

さつまいも

なるときんときは皮はカリカリ、身はほこほこになるように別々に揚げる

きす

しっとり身が柔らか

掻揚丼(小)

〆はひと口サイズ。おまかせコースはサイマキ2尾、魚1種、野菜4種、小鉢、掻揚丼、アイスの天婦羅のほかご飯と味噌汁を頼める

車海老専科 天麩羅 手一束の店舗情報

東京都港区新橋5-5-5 1階 ☎03-6721-5945 [営]11時半〜13時半、17時〜21時半(20時半LO) ※年内は土曜も営業 [休]日・祝 [席]カウンター10席/全席禁煙/夜は予約可/カード可(JCB、ダイナース不可) /サなし、お通し代なし [交]JR新橋駅烏森出口から徒歩8分

電話番号 03-6721-5945
2016年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
年1回やっと行ける高級店もいいけれど、気軽に通える旨い定食屋を知っていると日常が豊かになる。そんな頼もしき店を下北沢で発見した。
昔ながらの肉屋さんや惣菜屋さんをはじめ、最近はテイクアウトできる店も続々登場。散歩の途中で楽しみたいフライの逸品をご紹介!
美しい彩りに気分が高まる盛り合わせ丼。全体的に薄衣で軽いが、衣の味をしっかりと感じられ、サクッとした歯触りも小気味いい。
最新記事
えびせんべい「ゆかり」でおなじみの老舗『坂角総本舖』が、名古屋・栄の商業施設『ラシック』でイベントを実施。エビをふんだんに使ったカレーやパン、プリンが食べられます。そんなエビグルメを実食レポート!!
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
毎日ごはんを作るのがダルい、なんとかして手間なくおいしいものを食べられないか……そんな悩みに答えてくれるのがレシピ本。料理苦手&嫌いのライターが、今人気の料理コラムニスト・山本ゆりさんのレシピ本を使って実際に調理。悩みを解消できるか試してみました。
国民食として長く愛されている「カレーライス」。ここ数年は「スパイスカレー」が台頭し、ますます多様化。そんなカレーの最新店から初登場の老舗までご紹介。さらには、「キーマカレー」に、専門店以外のカレーも登場。スパイスの香りに誘われるが如く、ご覧ください。ほか、最旬インド&ネパール料理に、おとなのコーヒー特集もあります!
厳選された素材と丁寧な焙煎から生まれる健康茶は、お取り寄せも充実。クセがあり飲みにくい? いえ、大丈夫。スタッフが実際に試し、美味しかったものだけをご紹介します
get_app
ダウンロードする
キャンセル