MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
鮨 いっ誠(寿司/表参道)|和食と握りを織り交ぜた技ありコースがおすすめ

鮨 いっ誠(寿司/表参道)|和食と握りを織り交ぜた技ありコースがおすすめ

 毎日築地で仕入れるネタは基本的にすべて天然もの。合わせるシャリは新潟産コシヒカリを新米の収穫時にまとめて買い付け、半年以上寝かせて水分量を調節したものを使う。 ※ランチタイム有

鮨 いっ誠(最寄駅:表参道駅)

寿司酢は米になるべく色が付かないよう香り付け程度に少々の赤酢を用い、ネタとの相性を考えてまろやかな酸味に仕上げている。 こうした計算された握りに加え、おすすめしたいのは和食の経験も積んだ店主の河内さんが作るつまみ付きのコースだ。例えば刺身のサバは酢〆とヅケの2種食べ比べなど、ひと工夫された肴が揃う。ラム酒などで漬けた独自のカラスミも評判だ。※ランチタイム有

おすすめコース
6480円

仕入れによって内容は変わる。
写真:刺身、煮タコ・しゃこ、鰆の西京焼き、蟹真丈のきのこ餡かけ、握り(中トロ、小肌、イカ、赤貝、穴子、玉子、ウニイクラ)。

赤ムツ(ノドグロ)やボタンエビなど旬の刺身から始まり、煮タコなどのつまみ、焼き物、握りと続くコース。ネタは毎朝築地で仕入れる天然もの。この日の中トロは青森産の生本マグロ

穴子
432円

穴子は江戸前か対馬産を使う。この日は対馬産。山椒をシャリとネタの間に入れて握るのが特徴。ピリッとした香りがアクセントだ

自家製カラスミ食べ比べ
1080円

日本酒、焼酎、ラム酒にそれぞれ漬けて仕込んだ自家製のカラスミ。日によって紹興酒やシャンパンで漬けたものも登場する

鮨 いっ誠

『鮨 いっ誠』
[住所]東京都港区北青山3-12-7カプリース青山1階
[TEL]03-5468-5225
[営業時間]11時半~14時LO、17時半~22時半LO
[休日]月曜日
[座席]カウンター8席、座敷個室4名、計12席/全席禁煙/予約可/カード可/サ5%
[アクセス]地下鉄銀座線ほか表参道駅B2出口から徒歩3分

電話番号 03-5468-5225
2016年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
まず供されるシンプルな茶碗蒸しがあまりに美味しくて夢中で平らげてしまった。期待が高まったところで、にぎりを口にすると、シャリがふんわりとほどけた。
江戸前にこだわりつつも創意溢れる寿司を握り続けている親方。10年近く前に考案したのが、この寿司屋の深川飯だ。
渋谷でこの寿司屋を知っていたらきっと鼻が高いはず。代官山で40年愛された店が昨年移転。
店に入って最初に目につくのが、マグロの部位を示した黒板。そう、ここではまずマグロを味わうべし。
三崎のマグロ問屋直営ならではの逸品が、天然物のインドマグロを使った握り「まぐろ三昧」。赤身、中トロ、大トロ、炙り、ネギトロと、まさに三昧。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt