SNSで最新情報をチェック

 毎日築地で仕入れるネタは基本的にすべて天然もの。合わせるシャリは新潟産コシヒカリを新米の収穫時にまとめて買い付け、半年以上寝かせて水分量を調節したものを使う。 ※ランチタイム有

画像ギャラリー

鮨 いっ誠(最寄駅:表参道駅)

寿司酢は米になるべく色が付かないよう香り付け程度に少々の赤酢を用い、ネタとの相性を考えてまろやかな酸味に仕上げている。 こうした計算された握りに加え、おすすめしたいのは和食の経験も積んだ店主の河内さんが作るつまみ付きのコースだ。例えば刺身のサバは酢〆とヅケの2種食べ比べなど、ひと工夫された肴が揃う。ラム酒などで漬けた独自のカラスミも評判だ。※ランチタイム有

おすすめコース

6480円

仕入れによって内容は変わる。
写真:刺身、煮タコ・しゃこ、鰆の西京焼き、蟹真丈のきのこ餡かけ、握り(中トロ、小肌、イカ、赤貝、穴子、玉子、ウニイクラ)。
赤ムツ(ノドグロ)やボタンエビなど旬の刺身から始まり、煮タコなどのつまみ、焼き物、握りと続くコース。ネタは毎朝築地で仕入れる天然もの。この日の中トロは青森産の生本マグロ

穴子

432円

自家製カラスミ食べ比べ

1080円

鮨 いっ誠

『鮨 いっ誠』
[住所]東京都港区北青山3-12-7カプリース青山1階
[TEL]03-5468-5225
[営業時間]11時半~14時LO、17時半~22時半LO
[休日]月曜日
[座席]カウンター8席、座敷個室4名、計12席/全席禁煙/予約可/カード可/サ5%
[アクセス]地下鉄銀座線ほか表参道駅B2出口から徒歩3分

電話番号 03-5468-5225

2016年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...