MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おっさん女子の吉祥寺パトロール(16) 吉祥寺の洋食屋のハンバーグメニューは、バラエティに富んでいてほしい件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(16) 吉祥寺の洋食屋のハンバーグメニューは、バラエティに富んでいてほしい件

2017年の吉祥寺飲食店10大ニュースというのがあったとしたら、確実にランクインすると思うのが【シャポールージュ閉店】である。そして、シャポールージュなき今、吉祥寺の洋食屋でハンバーグを食べるなら、どこなのか? というと、私は井の頭通り沿いの『ヨシダゴハン』を、おしたいと思う……。

perm_media 《画像ギャラリー》おっさん女子の吉祥寺パトロール(16) 吉祥寺の洋食屋のハンバーグメニューは、バラエティに富んでいてほしい件の画像をチェック! navigate_next

吉祥寺の洋食屋のハンバーグメニューは、バラエティに富んでいてほしい件

2017年の吉祥寺飲食店10大ニュースというのがあったとしたら、確実にランクインすると思うのが【シャポールージュ閉店】である。

地元民には説明する必要はないと思うけど、シャポールージュは老舗の洋食屋さんである。

知らない人のために説明すると、シャポールージュは、その昔、バンビというお店だった。

しかしお店がリニューアルしたとき、店名も変わって、バンビ → シャポールージュという店名に変更。

ちょっとオシャレすぎる……ということで、当時、西荻在住のおっさん女子Kと「赤い帽子って……(苦笑)」「バンビで、いいよ。バンビで……(笑)」。
という会話を交わした記憶がある。



バンビは落ちついた感じの店だったけど、リニューアルしてとっても明るい雰囲気になったような記憶がある。

そしてシャポールージュの看板には【旧バンビ】と書いてあって「知ってるよ! 大丈夫だ!」と地元民的にはほっこり&癒しの表記であった(笑)。

そのシャポールージュ(旧バンビ)は吉祥寺で55年やっていたそうだけど、2017年の5月21日に閉店してしまった。

閉店までに余裕のあるアナウンスをしていたので、5月のシャポールージュは、開店前から毎日行列ですごかった。


雨の日も風の日も、平日も大勢が並んでいた。

イラスト/スタジヲワンツー

そして、おっさん女子は好みのハンバーグ探しに奔走する……!?

おっさん女子的には、シャポールージュは、ランチもディナーも1人で入る店ではないので、友人知人が吉祥寺に遊びに来た時に行くという感じだったな。

私はいつもハンバーグをオーダーしていたんだけど、シャポールージュのハンバーグは種類が多くて好きだった。

基本のデミグラスソースのハンバーグ、和風、チーズ入り、フライとの盛り合わせなどなど。

ハンバーグの選択肢が多くて、何度行っても飽きないお店だった。

デザートの甘酸っぱいオレンジソースのババロアのファンも多かったよね。

あとバンビ焼きも好きだったな。

自分の好きな店が未来永劫、吉祥寺に当たり前にあると思ってはいけないのである、という教訓をシャポールージュ閉店で得たおっさん女子である。


寂しい……。


じゃあ、無理やりポジティブシンキングに思考を切り替えて……。

シャポールージュなき今、吉祥寺の洋食屋でハンバーグを食べるなら、どこなのか? 

というと、私は井の頭通り沿いの『ヨシダゴハン』を押したいと思う。


ヨシダゴハンの店主は、シャポールージュで働いたことがあるそう。

そのせいか、どうなのか、ハンバーグの種類が多いところが好きだ。

デミグラスソースのハンバーグ、和風ハンバーグ、トマトソースのハンバーグ、ハンバーグにはチーズをトッピングすることもできるよ! 

なんだかシャポールージュのラインナップに似ているね……。


ちょっとしんみり……。


私はトマトソースのハンバーグが好きなんだけど、甘辛醤油の和風ハンバーグとは違うさっぱり感で女子にはおすすめ。


ガッツリ食べたい人は1週間煮込んだデミグラスソースか、チーズをトッピングがいいかもね。

週末は、ヨシダゴハンでハンバーグを食べるおっさん女子である

ハンバーグが人気メニューだと思うのだが、黒ハヤシライスを頼んでいる人も多い印象。
ほかに、バターチキンカレーやポークジンジャーがあるし、チーズ入りメンチカツもいいよね。

チーズ入りメンチカツはシャポールージュのメニューにもあったなぁ。再びしんみり……。


あとヨシダゴハンのお客さんは、家族連れ、カップル、女子2人連れ、おひとり様女子or男子などなど。
お客さんも老若男女バラエティに富んでいて、これは町の洋食屋さんの基本だよな~と思う。


そんなところも好きだ。

しか~し、ヨシダゴハンの店舗はなんと土日祝しか開いていないのである。

なのでぼんやりしていては、いけない! 

週末にはハンバーグを食べるぞ! と金曜日には元気に決意しているおっさん女子であった。

じゃあ平日はどうしてるの? ということですが、平日はキッチンカーを出して都内各所でランチ営業をしているのです。

吉祥寺に縁がない人でもランチで出会う可能性があるよ。

黒ハヤシライスはキッチンカーメニューにも入っている模様!


個人的には店舗も平日営業してほしいのだが、まあお店のスタイルなのでしょうがないかなぁ……。

ヨシダゴハン
東京都武蔵野市吉祥寺2-34-15
[営]店舗営業は土日祝 ランチ11:30~14:30(L.O.)、ディナー17:30~21:00(L.O.)
平日は都内各所をキッチンカーで回っているので、詳しい予定はHPをチェック。
https://ameblo.jp/yoshidagohan/





天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル