MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
撮り鉄の「食」の思い出(9) 朝うどんは瀬戸大橋・快速マリンライナーのグリーン車に乗って/2010年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(9) 朝うどんは瀬戸大橋・快速マリンライナーのグリーン車に乗って/2010年撮影

中国地方を放浪しているときに、瀬戸大橋の本州側の町“児島”へ朝早くに訪れることがあります。目的は寝台特急“サンライズ”の撮影です。目的の列車を見送ったある日、瀬戸内海を見れば四国らしき姿(島か四国か区別がつきづらいので)が見えています。「あっ、四国だ」と思ったら無性にうどんが食べたくなりました……。

perm_media 《画像ギャラリー》撮り鉄の「食」の思い出(9) 朝うどんは瀬戸大橋・快速マリンライナーのグリーン車に乗って/2010年撮影の画像をチェック! navigate_next

朝うどんは瀬戸大橋・快速マリンライナーのグリーン車に乗って/2010年撮影



中国地方を放浪しているときに、瀬戸大橋の本州側の町“児島”へ朝早くに訪れることがあります。

目的は寝台特急“サンライズ”の撮影です。

撮影ポイントは瀬戸大橋と瀬戸内海が見える丘の上、特に秋から冬にかけては“サンライズ”が通過する朝7時前の太陽高度が低くて、真横から光が当たるので美しい写真を撮ることができます。

[朝の瀬戸大橋を走る“サンライズ瀬戸”現在定期で走る唯一の夜行寝台特急]



特急“サンライズ”は寝台列車。といっても、北斗星などで有名になった機関車が牽引するブルートレインではなく、寝台のついた電車特急です。

なんと、現在定期的に走っている夜行列車はこの列車のみになってしまいました。

東京から14両という長大編成で走り、岡山駅で切り離し、“サンライズ出雲”の7両が山陰の出雲市駅へと向かいます。

残りの7両が“サンライズ瀬戸”で、瀬戸大橋を渡り予讃線を通って高松駅へと走ります。

“サンライズ”というだけあって、夜明けの薄明かりのパープルカラーで、朝の瀬戸大橋でキラリと光る姿はグッときます。

最後の夜行列車、現在のところ廃止の話はありませんが、最後の砦としていつまでも残ってほしい鉄道風景です。

ふと見ると、そこは四国。であれば、もちろん「食」の寄り道を!

さて、目的の列車を見送ったある日、思いのほか冷え込んでいました。

瀬戸内海を見れば四国らしき姿(島か四国か区別がつきづらいので)が見えています。

「あっ、四国だ」と思ったら無性にうどんが食べたくなりました。

このまま香川までクルマで向かえば30分とかからないのですが、瀬戸大橋を渡る高速料金は片道3600円(児島~坂出北)。

さすがに庶民派代表のうどんに往復7000円オーバーはきついです。

そこで児島駅前にクルマをとめて列車で渡ることにしました。


片道520円、これならOKです。

[快速マリンライナー 1号車はパノラマのグリーン車と指定席の車両]




ここで以前から乗ってみたかった車両を選択。

快速マリンライナーの下り側1号車は2階建てで1階が指定席と2階がグリーン席の車両です。

実はもうひとつ席があって、運転手のすぐ後ろに4席だけの個室(グリーン席)があります。

席の番号は1A~1Dで運転席に邪魔されずに前方風景が楽しめる1C、1Dがラッキーにも空いていました(乗車するときには、駅で指定席を買うときに番号を言って買ってみてください)。

グリーン料金は770円、瀬戸大橋の風景を楽しんで十分満足できる料金です。


ちなみに、快速マリンライナーの通常の指定席(1号車1階)は、2階建ての下なので視点が低くて柵が邪魔になり風景が見づらいです。

景色を見たいときには避けたほうが良いですヨ。



快速マリンライナーの1号車1A~1Dは前方展望が楽しめる。

瀬戸大橋の様子を堪能できるのが、マリンライナーで先頭車両に乗る最大の魅力。

いよいよ「うどん県」に突入したものの……!?

そうしてたどり着いた、早朝の坂出駅でちょっと問題が発生!

駅前のうどん屋で食べようと思っていたのですが、見える範囲はすべて開店前でした。

やはり昼前から始める店が多いようです。

開いたばかりの駅の観光案内所で、朝5時から営業しているという店を聞き、徒歩約10分で到着です。

ダシの香りがする店内に入り、ぶっかけ温うどん中を選びます。


セルフでいろいろかけ放題で、380円!

うれしい価格です。


店内で打っている麺で、ノド越しもばっちり!
ダシもやさしい味で、来てよかったぁと思わせてくれます。
 

坂出駅から近く朝5時から営業しているうどん店。

秋の冷えた朝、寝台列車撮影後に向かった坂出でうどんを堪能し、
帰りの瀬戸大橋は、マリンライナーの普通車に。


車両横の窓から見る瀬戸内海は、真下の足元まで見えるようで、
行きの、先頭車両のフロントウインドー越しの景色とは、また違う良さがあります。


風景もうどんも楽しんで、身も心も温かくなる、秋の旅でした。






佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”。初めて鉄道写真を撮った小学生のころから約50年。鉄道カメラマンなのに、列車に乗ると走るシーンを撮影しにくいので、撮影の8割はクルマで移動。そんなワケで1年のかなりの期間をクルマで生活しています。ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。




 主な著作に「富士鉄」(講談社)「新幹線ぴあ」(ぴあMOOK)「鉄道ムービー入門」(玄光社)「ひつじがすき」(山と溪谷社)など多数、映像集に「感動の美景鉄道」(MAXAM)「日本の新幹線・特急」(シンフォレスト)など、担当番組に「素晴らしき日本・鉄道の旅」(BS-TBS)など

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
佐々倉実@おとなの週末

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

関連記事
現在、過去を含めて、いちばん好きな鉄道車両は?と聞かれたら、私は即答します。 「日本最大でけた外れの迫力のC62型蒸気機関車(以下C62)」。 これにつきます。 その巨大さと、天をつくような煙、昔レコードで聞いたジェット音にもたとえられる迫力の音に酔いしれました……。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
秋といえばフルーツ。 さすがにフルーツ大国の信州。JRのホームにも、実のなる駅があるんです。ものすごくおいしそうなのですが、ホームの果実を食べるわけにもいきません。  そこで昨年取材で訪れた、信州の鉄道とアルピコ交通撮影時に出会ったフルーツのお話です。
前回は北海道の大地を走り抜けたザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)の走行と、公開のときに撮影した車内を見ていただきました。 今回は2018年に行われた試乗会の様子です。 実際に旅をして、豪華な食事を出していただきました。
今回は、いつもよりずっと贅沢! 豪華列車のお話です。 2020年夏、鉄道ファンの間で大きな話題になったのが、北海道を走るザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)です。 通常は横浜駅から伊豆急行線の伊豆下田駅までを8両編成で走るレストラン列車ですが、この夏は北海道の大地を駆け抜けました……。
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル