MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
「ホントに旨い鯖寿司」特集掲載商品、「鯖みやま」の「鯖寿司」(鯖料理/丸の内)

「ホントに旨い鯖寿司」特集掲載商品、「鯖みやま」の「鯖寿司」(鯖料理/丸の内)

おとなの週末「ホントに旨い鯖寿司」特集掲載商品、「鯖みやま」の「鯖寿司」。世界でも最高の漁場・長崎五島列島西沖で獲れた1キロ以上のサバを使った、“奇跡の鯖寿司”。テイクアウトは昆布を使ったバッテラ風。店内では炙りで提供。塩だけでも旨い。 ※ランチタイム有

鯖みやま(最寄駅:大手町駅)

長崎のサバを使った多彩なメニューが、カジュアルな雰囲気の店内で楽しめる。客単価2万円は下らない本店『銀座みやま』で、舌の肥えた常連を唸らせてきた、コース料理でしか食べられない鯖寿司を単品でいただけるのがうれしい。

鯖寿司
3200円

世界でも最高の漁場・長崎五島列島西沖で獲れた1キロ以上のサバを使った、“奇跡の鯖寿司”。テイクアウトは昆布を使ったバッテラ風。店内では炙りで提供。塩だけでも旨い。

鯖みやま

[住所]東京都千代田区丸の内1-1-3 日本生命丸の内ガーデンタワー2F [TEL]3-6206-3950 [営業時間]11時~14時、17時~22時LO [休日]日・祝

電話番号 03-6206-3950
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
品書きに並ぶマグロ、マグロ、マグロの文字。その料理数、日替わりも入れると約40種! 
九十九里といえば焼ハマグリ! 目の前は海というロケーションで、自らコンロで網焼きする醍醐味。
まずは名物「貝の籠蒸し」をご覧あれ。日替わりで自慢の新鮮な貝を取り合わせ、豪快に蒸しあげた一品だ。
夜はサロマ湖の牡蠣、函館直送の寒ブリ、オホーツクのカニやジンギスカンといった北海道の食満載の料理店。だが昼の丼もまさしくザ・北海道! 
ほどよく脂をたたえた瑞々しい身の輝きから、間違いなしの旨さを確信する。刺身で食べても抜群の本マグロの中トロを、しゃぶしゃぶにするというのだから、なんとも贅沢。
厚めにカットされているのに、柔らかくジューシーなことに驚かされるラムチョップ。生後4~6ヶ月のニュージーランド産ラムを、チルドの状態で約2ヶ月かけて船便で取り寄せ。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt