SNSで最新情報をチェック

作家・開高健がこよなく愛した冬の味!8杯のセイコガニをのせた豪快で贅沢な幻の丼、その名も「開高丼」!食い道楽でも知られた作家・開高 健。彼が著書『地球はグラスのふちを回る』の中で絶賛している丼がある。福井の温泉宿「こばせ」で提供する、2合のコシヒカリに8杯のセイコガニの身とミソを豪快にのせた、その名も「開高丼」だ。

画像ギャラリー

ふるさとの宿こばせ(最寄駅:武生駅)

手間暇かけてほぐされた繊細な身、独特の甘みを持つミソが口の中で奏でる旨さは、言葉では言い表せない幸せの味。セイコガニ漁解禁を受け、11月8日から12月末までしか食べられない贅沢丼ということもあり、すでに予約で埋まりつつあるが、ぜひ足を運んでみてほしい。頬が落ちること間違いなしだ。

開高丼

11400円

豪快で絶品な「開高丼」(半分の大きさのものは6800円)。こちらに人数分のお吸い物、香の物、フルーツがつく。要予約。開高氏はひとりで平らげたというが、2~4人でシェアして食べる人が多い

[酒] 生540円、中瓶712円 グラス432円~、ボトル2700円 なし グラス702円、ボトル(オリジナル吟醸酒)2700円など [その他のメニュー]越前がに7000円~、カニのアライ3500円~(1人前・2人前より)、季節の会席4000円~(4月~10月)、越前カニ会席10800円~(11月~3月)など

ふるさとの宿こばせ

■『ふるさとの宿こばせ』
[住所]福井県丹生郡越前町梅浦58-8
[電話]0778-37-0018
[開高丼]お昼食でのご提供は11月8日〜12月27日、12月28日から1月5日までは宿泊のみの営業となります。※ご利用には必ず予約が必要になります。前日までにご予約をお願いいたします。
[アクセス]]JR北陸本線武生駅よりバスで約1時間 クルマ:東名~名神~北陸自動車道鯖江I.C 約7時間

電話番号 0778-37-0018

2015年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...