SNSで最新情報をチェック

店主の中野さんは、惜しまれつつも閉店した護国寺の名店『柳麺 ちゃぶや』の出身。素材へのこだわりは修業先譲りで、「丹波黒どり」や「ひょうご味どり」といった銘柄鶏をスープの軸に使っている。柳麺 呉田 (goden)[交]JR北浦和駅西口から徒歩2分 ※ランチタイム有

画像ギャラリー

柳麺 呉田 (goden)(最寄駅:北浦和駅)

スープの土台は、ずっしりとコクのある黒どり。あっさりとした風味の味どりを合わせることで、スープの印象がクドくなりすぎないようバランスを整えた。材料にはゲンコツや豚足も使うため、仕込みは2日がかり。1日目は8時間豚をじっくり煮込み、2日目は鶏や魚介のダシを丁寧に重ねていく。足りない旨みは昆布や貝柱などの粉末で補強。トッピングのとろろ昆布もいいダシ代わりになっている。麺は、しっかりコシがあり、蕎麦のようなのど越しが楽しめる自家製麺。小麦の甘みや香りを追求し、国産小麦にこだわった力作だ。

梅塩ラーメン

870円

醤油らーめん

770円

杏仁豆腐

250円

柳麺 呉田 (goden)

電話番号 048-764-8316

 

2015年12月号発売時点の情報です。

 

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...