SNSで最新情報をチェック

ライブ感あふれるオープンキッチンから届けられるのは、店独自の工夫を施した“漬け込み料理”。その技とは厳選した肉を30種以上のハーブやスパイスを駆使してマリネし、真空状態で丸1日寝かせて旨みを凝縮させる手法のこと。

画像ギャラリー

TOKYO KITCHEN(最寄駅:新宿三丁目駅)

クセが強いと思われがちな調味料と食材の個性を的確にマッチングさせ、風味豊かで爽やかな味に仕上げるのがこの店の料理のテーマでありシェフの腕の見せどころだ。とりわけ千葉県産の銘柄豚「なでしこポーク」を使ったグリルが自慢で、豪快なステーキやスペアリブ、フレッシュパクチーを入れた自家製ソーセージなど間違いない旨さ!

なでしこ ポークスペアリブ

2376円

自家製ハーブソーセージとフライドポテト

1296円

欧風茶漬け

950円

[その他のメニュー]ハーブ&チーズオムレツ1058円、シャルキュトリーの盛り合わせ2138円、自家製ベーコングリルとポテトサラダ1188円、グリルハーブチキンとパプリカのマリネ540円、宮崎県産黒毛和牛のスパゲッティボロネーゼ1296円など

TOKYO KITCHEN

電話番号 03-5341-4505

ライブ感あふれるオープンキッチンから届けられるのは、店独自の工夫を施した“漬け込み料理”。その技とは厳選した肉を30種以上のハーブやスパイスを駆使してマリネし、真空状態で丸1日寝かせて旨みを凝縮させる手法のこと。

2016年9月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...