×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

 メニューを見渡す限り、佐渡、佐渡、佐渡! 新潟県・佐渡島以上に佐渡の味がとことん楽しめる、稀有な店。佐渡の両津出身で唎酒師でもある店主のきたむらさんは、仕入れが難しい魚や野菜まで島からの産地直送にこだわる。

icon-gallery

佐渡の酒と肴 だっちゃ(最寄駅:浅草駅)

「品揃えが豊富なのは、佐渡出身のどんな方がいつ来ても『懐かしい』と思っていただきたくて」。島にある6つの酒蔵の酒(どぶろく含む)を全て飲めるのも特徴だ。食事から珍味まで、佐渡の魅力を思う存分に体感できる。

ふぐの子粕漬け

790円

ふぐの卵巣を2年以上粕漬けし、自然解毒させた珍味。ねっとり濃厚な味で、酒のアテに最高。どっしりとした味わいの「天領盃」の特別本醸造がぴったりくる

いかの子のかまぼこ

690円

いかの子のかまぼこ・いかの歯は、いかの漁獲量が減少し、佐渡でも食べられることが減ったという。どちらもいかの旨みが濃縮した一品だ

いかの歯唐揚げ

790円

佐渡の酒と肴 だっちゃ

東京都台東区西浅草2-27-1 伊東ビル1階 ☎03-5830-3790 [営]17時~24時(23時LO、日・祝~22LO) [休]不定休 [席]カウンター9席 4人×4卓 テラス4席 計29席/全席喫煙/カード不可/予約可/お通し600円 [交]つくばエクスプレス浅草駅から徒歩1分

電話番号 03-5830-3790

2016年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

admin-gurume
admin-gurume

admin-gurume

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…