SNSで最新情報をチェック

 50数年もの間、京橋の寿司通を唸らせてきた同店は再開発により、初代が最初に開店させた中野坂上に2013年に移転。華美なあしらいのない静謐な空間だけでなく、2代目・3代目の握る端正な寿司もまた京橋時代そのままだ。 ※ランチタイム有

icon-gallery

鮨 与志乃(最寄駅:中野坂上駅)

毎朝築地で目利きし、煮る、〆る、寝かせると仕事をしたネタと、赤酢のみで味付けしたキリリとしたシャリと合わせ、江戸前寿司に仕上げていく。 だが空気は変わったという。「京橋時代は凛としていましたが、今はなごやかで、握っていて楽しいです」(3代目・才丈さん)。つまりは、気軽に極上寿司が楽しめる秀逸店ということだ。※ランチタイム有

京橋握り

4500円(づけ2貫、イカ、赤貝、小肌、車エビ、平目昆布〆、アジ、穴子、玉子)

魚は京橋時代から付き合いのある築地の店から仕入れる。中野坂上価格で仕入れられるので、極上のものを安く提供できるのだそう。玉子焼きはエビのすり身と山芋を練り込んだカステラ風

小肌

300円

船橋を中心に佐賀や愛知など、旬の産地のものを使い、脂の具合によって〆加減を調整して握る。脂と程よい酸味、苦味のバランスが絶妙で、何貫でも食べられる美味しさ

旬のお刺身三点盛り

1300円(カンパチ、ホタテ、〆サバ。内容は仕入れで変わる)

握りの前に注文される人気メニュー。その日の自慢の魚介を楽しませてくれる

タコの柔らか煮

700円

皮と身の間のゼラチンがほどよく残る煮加減で、数度噛めば溶けていくような柔らかさ。オススメの日本酒「沢の鶴」との相性も抜群だ

鮨 与志乃

東京都中野区中央2-30-2 Sビルディング地下1階 ☎03-3371-8426 [営]11時45分~14時、17時半~21時半(21時LO) [休]日・祝・水 [席]カウンター8席 4席×2卓(最大11名まで可) 計16席/禁煙/お通し300円/予約可/カード可 [交]地下鉄丸ノ内線ほか中野坂上駅2出口から徒歩4分

電話番号 03-3371-8426

2016年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

admin-gurume
admin-gurume

admin-gurume

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…