SNSで最新情報をチェック

大阪でもっとも人気急上昇中の町といえば、いまは天王寺。シンボリックとなった「あべのハルカス」をはじめ、通天閣のある新世界も徒歩圏内だ。 今回、取材に訪れたのは、この天王寺の『GOENYA 天王寺』。名物は「河内産鴨のしゃぶしゃぶ」で、1人前はなんと780円とお値打ちのお店だ。

画像ギャラリー

「GOENYA 天王寺」で、懐かしの赤玉パンチを飲んで河内産の鴨料理に舌鼓!

大阪でもっとも人気急上昇中の町といえば、いまは天王寺。
シンボリックとなった「あべのハルカス」をはじめ、通天閣のある新世界も徒歩圏内。
外国人観光客までごった返して、ごっつい賑わいやねん。
町の雰囲気をたとえると、梅田と難波のちょうど真ん中。
洗練された町並みと下町がうまくミックスされてコントラストがはっきり、年齢層がバラバラなのもオモシロイ……。

さて今回、20代から50代までの同業多種の仲間を連れて訪れたのは『GOENYA 天王寺』。
名物は「河内産鴨のしゃぶしゃぶ」(写真は4人前)で、1人前はなんと780円と、
とにかくお値打ちだ。

「2人前から承っています。お客様からは『何人前でも食べられる』と、よく言われます(笑)」
と店員氏。
大阪で鴨といえば河内産が定番中の定番で、昔から大阪の食文化に根付いている。
当然ながら、鮮度も抜群。
特製出汁との相性も絶品で、鴨の旨みが噛みしめるほどに拡がるのだ。

贅沢を極めた「河内産鴨プレミアム肉寿司3種盛り合わせ」(写真は2人前、1人前880円)も人気の逸品。
鴨の肉寿司に、うに、いくら、キャビアをのせたアンビリーバブルな創作寿司だ。

これらの料理にマッチするお酒も実に豊富で、飲み放題はなんと15分150円。
生ビールやハイボール、焼酎、ワインなどから選べてこの値段。
正直、「儲かりまっか!?」と心配になるレベルやわぁ。
そこで、懐かしさに浸って注文したのは赤玉パンチ(250円)。

こんなお酒を飲みだすと、昔話に花を咲かせて“昭和”の会話が尽きない。
平成の女子たちを尻目に、鴨料理のウンチクを垂れながらオジサンたちは夜な夜な語り合ったのであった……。

GOENYA 天王寺
[住所]大阪市阿倍野区阿倍野筋1-3-16
[TEL]06-6626-0084
[営業時間]11:00~24:00
[定休日]無

加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...