SNSで最新情報をチェック

「ひよく亭」は元力士の先代が新橋で創業し、日本橋に移って約30年。現在は京都の日本料理店で修業した2代目が切り盛りしている。

画像ギャラリー

【閉店】ひよく亭(最寄駅:日本橋駅)

先代からの志を若き2代目がそのまま受け継ぐ
夏はハモ、冬はフグが看板食材と聞けば高級店かと尻込みするが、心配はご無用。メニューを見れば安くて量も満足のつまみが多彩に揃う。それは「腹いっぱい食べてほしい」という亡き父から受け継ぐこの店の姿勢。丁寧に骨切りした「鱧天ぷら」は何切れも盛られているし、「盛込さしみ」は大トロ、中トロ、赤身に旬の魚も入ってかなりのお値打ち。どれも奇をてらわずしみじみ旨い。ランチも人気で、自家製ゴマだれで和えたマグロ丼や大根炒めを加えたしらす丼など、限定品を求めて行列ができるほどだ。

盛込さしみ

2300円

鱧天ぷら

700円

筑前煮

680円

筑前煮は福岡出身の父から受け継ぐレシピ。オリーブオイルで炒めてから、干椎茸の戻し汁などを加えて甘辛く煮る。しっかりと味がしみていて酒のつまみに最適

しらす丼

880円(ランチは小鉢3品付き、夜は単品で650円)

【閉店】ひよく亭

[住所]東京都中央区日本橋2-2-15 森井ビル1・2階 [TEL]03-3273-0720 [営業時間]11時~13時半、17時~21時半LO ※ランチタイム有  [休日]土・日・祝(土は応相談) [席]1階テーブル20席、2階座敷30名、計50席/全席喫煙可/夜は予約可/夜はカード可/サなし、お通し500円別 [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか日本橋駅B0出口から徒歩1分

電話番号 03-3273-0720

2017年9号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...