SNSで最新情報をチェック

お燗と自然派ワイン、そしてコーヒー。この共通点は何か? それはやさしく体に沁みるような感じ。

画像ギャラリー

燗コーヒー 藤々(最寄駅:四谷三丁目駅)

荒木町の路地を入ったところに、ふらっと寄りたい心落ち着く店がある。ご主人の藤極さんが目指したのは「居酒屋と割烹の中間のお店」。だからお椀もあるが、間口は広く、それひとつからアラカルトで楽しめる。和食らしい細やかさを持ちながら、吟味した素材の魅力を引き出した料理がいい。じっくり落ち着いて飲めることにこだわった日本酒は、お燗酒で30種類以上。女将の由衣さんが少し熱めにつけた燗は、冷めてきた頃合いもまた旨し。ぜひゆっくりと楽しみたい。

カマスの炙り イクラ掛け、玉櫻 純米山田錦70

2000円、850円

尾崎牛のたたき

2600円

甘鯛と松茸のお椀

1050円

冨玲阿波山田錦21BY

950円(一合)

お店からの一言

店主 藤極武志さん
女将 由衣さん

「楽しかったねと感じてもらいたいです」

燗コーヒー 藤々

[住所]東京都新宿区荒木町10-14 伍番館ビルB階 [TEL]03-6883-9898 [営業時間]月~土17時~23時(22時LO)、昼:火~金(不定休)11時半~14時、14時~17時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝[席]カウンター12席/予約可/全席禁煙/カード可/サなし、お通し代500円別 [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅4番出口から徒歩5分

電話番号 03-6883-9898

2017年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...